「似非歴史シリーズ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
460行目: 460行目:
「タナイチ」・「タナオカ」とは違い、新カプ推進派と岡宮信者によって治められた「オカイチ」の異質性・自主性が
「タナイチ」・「タナオカ」とは違い、新カプ推進派と岡宮信者によって治められた「オカイチ」の異質性・自主性が
「三ホモ一致」の最大の障害となることは明らかであった。  
「三ホモ一致」の最大の障害となることは明らかであった。  
</pre>
==けんちん汁(※閲覧注意)==
<pre>
旧日本海軍の新兵に対してのシゴキはすさまじく、中でも「歓迎会」と称して古参兵の陰茎を浸した酒を回し飲みさせられるという通過儀礼が有名であった。
しかし学徒出陣で駆逐艦秋月に配属された慶応義塾大学出身の某謙介という新兵は「歓迎会」で自分に盃が回るとおもむろに自身もブツを取り出し、酒に浸して自慰を行い
精子をぶち撒けて混ぜるやそれを一気に飲み干し、古参兵を唖然とさせた。その上酔った勢いで「秋月、俺の子を産め!」と叫んであちこちに精子を撒き散らした。
この一件がきっかけで某謙介は精神異常とみなされ除隊させられ「歓迎会」も禁止命令が出たが、彼は終戦後復学して上の武勇伝を吹聴してまわった。その結果各大学の
体育会系クラブがこぞって真似するようになり、いつしか某謙介の名前をもじって「けんちん汁」という隠語で呼ばれるようになった。
現在ではイジメの一種とみなされ廃れたものの、一部大学の武道系クラブや応援団、体育会系企業では男を磨く修行として飲み会の場で密かに行われ続けているという。
民明書房刊「実録!ザ・シゴキ」より
</pre>
</pre>