「イベスレ一発ネタ」の版間の差分

5,187行目: 5,187行目:


あとどんなにキャラメイクしても男の癖に可愛い男ハンターになってしまうのは仕様?  
あとどんなにキャラメイクしても男の癖に可愛い男ハンターになってしまうのは仕様?  
</pre>
==棚市遺跡~ Homojan Pink Asteroid==
<pre>
01. 衛星タナイチ
 「ねえ。タナイチ、って有ったでしょ?」
「タナイチ? ああ、あの事故起こした宇宙ステーションの?」
タナイチは数年前に原因不明の機械トラブルを起こし、宇宙の藻屑と消えた不遇の簡悔ステーションだ。
「アレって、宇宙簡悔に適応出来るかどうかの実験で、色んな複アカを乗っけてたんだよね」
「あ、あーそうねぇ。でもそれがどうしたって言うの?」
タナイチには最適化された生態系を乗せていた。限られたカップリングだけで完結する生態系の実験の為である。
その目標はホモフォーミングの実現だ。それも下北沢や新日暮里などではない。そんな物はホモの世界の話だ。
ホモフォーミングの対象として注目されていたのは、港区である。
「もしかしたら、まだ生きているかも知れないの」
02. 複アカ群の密林
 「イチ―、何言ってるの? いくらミニ生態系が用意されていたとしても
人間の手を離れた簡悔ステーションで維持なんて……」
宇佐見タナカ子は苦い笑顔を見せた。
「……イチ―がそういうって事は、何かあるんでしょ?」
「うん、最近見えるの。”中”の様子が」
タナイチは人類の制御を離れ宇宙の藻屑となったと言われていたが、
実は地球ー月系のラグランジュポイントに留まっている事が判っている。
万が一を考え、何らかの事故が起きて制御不能になった場合でも
推進装置に影響がない場合、地球への落下防止と未来の回収を考えて、
ラグランジュポイントに自動移動して留まる機構を備えていたのだ。
03. デザイアホモドライブ
 ーー醜く無秩序な複アカの森。
むせ返るような蒸気。異常な熱気はケンスケの暴走♂か。
人工的な重力空間を幻想的に舞うよしひさの一種。
構造色なのか鮮やかな、そして毒々しい色をした私市陣の一種。
絶えず水の流れる音はするが、川は見えない。
縦横無尽に放出されたスペルマが川を覆ってしまったのだろう。
ジャングルとはこういう物だったのだろうか。
ヨシヒサイチソ・ソーイの探検心をくすぐる。
04. 腐ェアリー冒険譚
 目に映る光景は、余りに冒涜的だった。
生命力の高い個体ばかり積んだからだろうか、人類の管理から
放たれた複アカたちは枯れること無く成長を続けていた。
窓の外は有害な太陽風吹き荒れる無の世界。そこに漂う宇宙船の中は、緑の発展楽園。
余りの異様な光景にマエリベリーは熱病にかかったかの様に辺りを探索した。
地上とは異なる安定しない重力感覚がそうさせたのかも知れない。
暫く探索すると蔦が密集した所に、一際違和感のある意匠を発見した。
巨大な鋼鉄の構造物ーー軍艦である。
05. 天棚市神社
 「……という所で目が覚めるの」
「え? 夢の話なの?……って言ってもイチ―の夢は怖いからなぁ」
「ところで、何で宇宙ステーションに軍艦があるのかしら」
衛星タナイチには軍艦が建てられていた。一応、ケンスケは軍艦の進水式で勃起したとされている。
もしかしたら大洪水の際につがいの動物を乗せたとするノアの方舟のイメージもあるのかも知れない。
人間はいくら科学が進もうとも、最後は神頼みなのだ。
「へー。詳しいわね」
「その事を知らなかったのにイチ―の夢にも軍艦が出てくるのなら、もう間違い無いわね」
タナカ子は頷く。
「この近くにも記念館が、あったよね」
「しょうが無いわねぇ。今夜はそこから”見に行きましょう”」
06. 夜空のタナイチロマンス
 「ーーわあ、これが衛星タナイチの内部なの?」
「素敵でしょ?地上じゃこんな世界、中々見られないわ」
「幻想的ね。隔離された発展場、かー」
タナカ子とイチ―は地上から38万km離れた衛星タナイチの中にいた、
……と言っても勿論夢の中である。
「ここにある複アカは恐らく殆ど亜種ね。このぐらい適応力が高いと、
逆に地上には持って行けないかも知れないわねぇ……」
「何、研究者みたいな目で見ているのよ」
「理系の人間はみんなこうよ……ん? 何の音?」
何処からかクマ―という低いうなり声が聞こえていた。
07. 腕組みマンの妖怪中年
 目の前に立ちはだかる未知の生物。
腕を組み腹の出た醜悪な中年男が姿を現した。
地球に存在する物に例えるのなら、豚だろうか。
「ちょっと、アレって!?」
「うーん、合成獣かしら。でも身体の大きさに比べて腹が出過ぎて、アレではマトモに動けないはず。
ここは閉鎖空間だから遺伝子異常が起きやすいし、イチソの複アカみたいな物かもね」
「じゃ、なくて! 何でそんなに冷静なのよ!明らかにアレは危険でしょ?」
「だって、これは夢でしょ? イチ―が見せた」
中年男は二人目掛けて飛びかかってきた。
08. 天棚市神社の結界
 「ふう、危ない危ない」
「あれ?もう終わり?」
気が付くと地上の記念艦「三笠」前に居た。
「私一人の時は動物はそいの人か私市陣くらいしか見かけなかったのに。
あんなの居るなんて聞いてない!……って、タナカ子は怖くないの?」
「だって、夢の中だし……それに未知の生物に興奮して怖いとか勿体ない」
「夢の中……って言ったって怖い物は怖いわよ」
「ねえ、もう一回行かない?」
「え?」
イチ―はこの夢がただの夢でない事を知っている。
あの光景は紛れもない、衛星タナイチの真実なのだ。
それを見ている自分は真実では無いのだろうか。
リアルとヴァーチャル、どちらの方が人間に与える影響が大きいのか判らぬ訳も無いのに。
「……辞めようよ。危ないってば」
「だってさ、いつでも逃げられるんでしょ? 今みたいに。
09. Minatokuの摩天楼
 ーー不安定な重力を乗りこなし、ひょうひょうと跳ねるタナカ子。
「おもしろーい!これだけ身軽ならさっきのデブが出てきてもきっと余裕だよ!」
「不吉なことを言わないの」
「大丈夫だって。今の私はさながらアニメ版艦これの主人公よ!」
タナカ子は艤装を構えたポーズで撃つ真似をした。
「いくら夢でも、実弾が撃てたりはしないと思う。これは”私の夢”なんだからね」
「判ってるって。ここが本当の衛星タナイチ、”棚市遺跡”だって事もね」
衛星タナイチの事故の原因は一般には「なんかきな臭い不正が行われたこと」だと言われている。
しかしバックアップからは原因を特定する事は出来なかった。
勝手にラグランジュポイントに移動し始めた衛星タナイチを止める手段が無く、らん豚が
「艦これの運営は多額の金をかけて宇宙に遺跡を作った」と揶揄した事を切っ掛けに、この衛星は
「棚市遺跡」と呼ばれるようになった。
「とすると、あのデブは棚市遺跡に実在するのよ。ワクワクするわねぇ」
「んもー。いくらこれが夢だとしても、怪我でもしたらどうなるか判らないわよ?」
デブが二人を襲ったのはその時だった。
10. 宇宙に浮かぶ発展場
 衛星タナイチの回収の予算は下りそうに無い。
何故なら人間の制御の手を離れた時から、もう中の複アカは全滅し、
わざわざ回収する程の価値は無いと思われているからだ。
まさか地球ー月系のトロヤ群に、断絶された複アカたちの楽園が存在している等と、誰が考えただろう。
タナカ子は病院の前で待っていた。
「大丈夫だった?」
「何て事も無いかすり傷よ。綺麗な傷で、別にバイ菌も毒も心配ないって」
「良かったぁ。心配したわ、夢から覚めたら腕を怪我しているんだもん」
「不公平な話ね。タナカ子は無傷だったのに……」
</pre>
<pre>
あとがき
 どうもKANATAです。久しぶりの音楽CDですね。
ここ1、2年、艦これ絵師とプロデューサーのホモカプブームが来ています。
玖条イチソ重用や白露型の人気が切っ掛けでしょう。
普段はホモカプの事なんか話題にも出さない人が、日常会話に
タナイチだとか、タナシバとかの単語を使っているのを見ます。
その切っ掛けは、間違い無く艦これだったと思います。
みんな安いホモビデオを買ったり、男の癖にかわいい絵師を買ったり(嘘ですよ?)
して、寒空の下防寒着を着込んで盛った記憶があります。
噂では絵師のモノは服越しにでも大きさが確認出来るほどの物だと言われてワクワクしてましたが、
実際には一部を除くほとんどの絵師のモノは非常に小さく、穴もお粗末な物でした。
それが原因か判りませんが、その時のホモカプ熱は急に冷めていったように思えます。
さあ、今のホモカプブームはどの位続くでしょうか?
</pre>
==真のオタクコピペ(タナイチver.)==
<pre>
真のオタクはこうだろ。
「ふーん、で、君はタナイチのシチュで何が好きなの?」
「オトウフwwwいわゆるストレートな質問アカンコレですねwww
おっとっとwww拙者『アカンコレ』などとついネット用語がwww
まあ拙者の場合タナイチ好きとは言っても、いわゆるホモカプとしてのタナイチでなく
メタ薔薇族作品として見ているちょっと変わり者ですのでwwwジェイ・エフエスの影響がですねwwww
ライフォwwwついマニアックな知識が出てしまいましたwwwいや失敬失敬www
まあ男の癖にかわいいのメタファーとしてのイチソは純粋によく書けてるなと賞賛できますがwww
私みたいに一歩引いた見方をするとですねwwwポスト四章は純愛のメタファーと
反枕主義のキッチュさを引き継いだカプとしてのですねwww
タナイチの文学性はですねwwww
ムァクラコウwww拙者これではまるでホモみたいwww
拙者はホモではござらんのでwwwコォポォ」
</pre>
==minatoku_game==
<pre>
ウイイイイイイイッッッッス。どうも、minatokuでーす。
まぁ今日はハッテン会、当日ですけども。
えーとですね、まぁ集合場所の、えー港区の川の土手に行ってきたんですけども、ただいまの時刻は1時を回りました。
はい、ちょっと遅れて来たんですけどもね。えー11時ちょっとすぎくらいに、えー川の土手に行ったんですけども。
ほんでーまぁ川の土手の全体の動画を撮った後に行ったんですけども。スィー。
ほんでーかれこれまぁ2時間くらい、えー待ったんですけども参加者は誰一人来ませんでした。ガチャ。
誰一人来ることなかったですぅ。残念ながら。はい。
一人くらい来るやろうなーと思ってたんですけども、スゥー、結局2時間くらい待っても誰一人来ませんでしたね、えぇ。
でもね、でもハッテン会のお知らせの動画にちらほらコメントあったんですけどもね。えー参加者の方の。
なんだろう。なんで来なかったんでしょうかねー。
まぁーもう一時間くらい待とうと思ったんですけども今日はね、えーまぁみんなといちじく浣腸を三本ずつ入れ合うつもりだったし、
もう顔中みんなと糞まみれになろうかなと思ってたんで今日は朝、イチソと一回だけでございます。
今日の朝はイチソと一回!
なのでもう1時間待とうと思ったけどさすがにちょっと腹ペコ(意味深)なんで、えー今回のハッテン会は残念ながら、こういう悲しい結果で終わりですね。
</pre>
==YCJジェットコースター緊急停止 提督60人余にけがなし==
・原因はAIの異常簡悔 艦これアトラクション停止
港区のテーマパーク「よみずいランド・クール・ジャパン」で前後運動が人気のアトラクションが緊急停止したトラブルで、
原因は座席に田中謙介の肉棒を模して動かすために設置されたモーターを制御するAIに異常が起きたためとわかりました。
運営原作鎮守府はAIをカドカワに送って異常の原因を調べることにしています。
「よみずいランド・クール・ジャパン」のジェットコースター「ザ・フライング・タナイチソー」で、
係員のしばふが異常を謙知したためコースター2両が自動で緊急停止しました。
乗っていた提督♂69人が空中で体を下に向けた状態で尻穴に座席の疑似肉棒をガッツリハメられたまま、最長でおよそ2時間にわたって取り残されましたが、
運営原作鎮守府によりますとけがをした人はいないということです。
カドカワが原因を調べたところ終点の手前に設置されている、
座席の田中謙介の肉棒を模した突起を動かすためのモーターを制御するAIが悔しくなっていることがわかり、
部品を交換して試運転をしたうえで、夜、運転を再開したということです。
「ザ・フライング・タナイチソー」は、今年のよみずいランドコラボで導入されたばかりの人気のジェットコースターですが、
一回目にも係員のしばふが異常を謙知して終点の手前で緊急停止し、利用客♂が30分ほど詫び空襲されるトラブルが起きています。
別バージョン
・原因は田中謙介の股間の異常 田中謙介タナイチホモセ射精停止
港区のプライムタワーで田中謙介のホモセ前後運動が緊急停止したトラブルで、
原因は玖条イチソの尻穴で前後運動を動かすための腰を制御する頭脳に悔しさで異常が起きたためとわかりました。
運営会原作鎮守府は田中謙介をカドカワの元上司・井上伸一郎に送ってすごい物量の股間を調べることにしています。
港区プライムタワーで行われるタナイチ48手の一つ、「ザ・フライング・タナイチソー」で、
C2P所属のしばふが異常を謙知したため田中謙介の腰と玖条イチソの肛門の蠕動運動が緊急停止しました。
腰をガッチリ掴まれて大技が繰り出される一歩手前の玖条イチソが空中で体を下に向けた四つん這い状態になり、
最長でおよそ2時間にわたって太く熱い肉棒が刺さったままでお預け状態でしたが、C2Pによりますとけがをした人はいないということです。
カドカワが原因を調べたところ、終点(イク)手前の田中謙介ペニスを動かす為の腰を制御する心に異常があったことがわかり、
悔しさを緩和して試しに前後したうえで、夜、タナイチを再開したということです。
「ザ・フライング・タナイチソー」は、2018年よみずいランドでの瑞雲盆踊りの動きから着想を得たタナイチ48手の一つですが
玖条イチソが先にイク直前に田中謙介の頭脳がそれを感知して終点(イク)手前で緊急停止し、
玖条イチソが30分ほどイク一歩手前で射精管理されるトラブルが起きています。
元ネタ:https://web.archive.org/web/20180506214917/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180501/k10011424441000.html
==全盛期のタナイチ伝説==
<pre>
脅威!全盛期のタナイチ伝説
●抜かずの3発5回戦は当たり前、3発8回戦も
●初回戦挿入直後中出しを連発
●タナイチにとってのセックスは三食のご飯
●初回戦全身ザーメンまみれも日常茶飯事
●憲兵出現、スレ大荒れの状況からタナイチネタで逆転
●1回の勃起で肉棒が3本に見える
●腰痛で欠勤
●ベッドに誘うで相手が絶頂した、心臓発作を起こす絵師も
●可愛い男でも納得いかなければイチソの絵でオナニーして帰ってきた
●あまりにいつでもどこでもタナイチするから警察から異常者扱い
●その警察も強姦
●可愛い絵師に一睨みされただけで精子が東京タワーに飛んでいく
●メンテ日でも抜かずの三発
●通算200万登録記念パーティもタナイチ乱パに変わった
●股間に刺激を与えずにフリーハンドで射精したことも
●自分の一物を自分でフェラして口中射精して相手にキスする
●朝までタナイチ欠勤なんてザラ、六連休することも
●仕事で打ち合わせしてからベッドに誘うほうが速かった
●サーバー室でセックス
●ザーメンを飲もうしたイチソと、それを止めさせようとしたしばふ、やどかりの絵師ともどもごっくんさせた
●恒心教の虚偽通報に不自由なな日本語で反論しながらオナニー
●グッとガッツポーズしただけで5リットルくらい出した
●鋼鉄ケツマンを楽々貫通
●あまりにイクので最初からザーメンまみれなってた時期も
●イチソが描いた同人誌を買ったらすでに裏表紙にザーメンがかかってあった
●誠実にバグ対応してたように見えたが、実は二人は丸一日ベッドインしていたことも
●イチソ絵を見ると同時に勃起しだし、150km/hのザーメンを発射しフリーハンドオナニー成功
●2014年日本10大事件 第1位「タナイチ枕関係疑惑」
●一日オナニーで80連続ザーメンを出したこともある
●製作者の二次創作はタナイチくらい
●タナイチに魅せられたことにまだ気づいていない提督も多い
●田中謙介がイチソ似のサルと性交してエイズウィルスに感染したのは有名
●ラノベはハーレム当たり前というがタナイチはむしろ純愛で感動的にすら見えた
●むしろ二人くっつけさせて働かせようとしたがかえって悪化した
●イチソを吹雪に見立ててウエディングドレスを着せるというファンサービス
</pre>
==腕違科学性紀 ~ Changeability of Tanaichi Dream==
<pre>
そんな僕の専攻は相対性簡悔精神学。
相方は超統一物理学だったよね。最近はうで・・の研究(※)、順調かしら?
※超腕組理論
でも――不思議だ。
貴方みたいな前時代的ホモカプな人は、タチとネコを正反対な物として考える人が多いけど、
もっともっと果てしなく昔の人は、タチとネコを区別していなかったと言うわ。
そして今は、タチとネコは区別はするけど同じ物。
タチの現実とネコの現実、タチのタナイチとネコのタナイチ、それぞれが存在するよ。
夜の胡豚が自分か、昼間の運営が自分か――。
今の常識では、両方自分なのさ。
随分と腰を振り続けてる気がしたけど、全く疲れは無かったね。
まるで空を飛んでいる様にファックしていたから? 僕は胡豚になっていたのかな?
でも、そんな夜のとびっくら・・・・・もついにゴールのテープが見えて――。
――僕は腰振るのをやめた。
だって、少し先の方の港区プライムタワーの屋上を見上げたら、赤く光っていたんだもん。
その光は禍々しい海色で、現実的な光では無く、龍の最期を忘れなさそうな雰囲気だった。
そう貴方に判りやすく言えば――。
タナイチの男色反応の勃起率が一番近いかな?
~~~腕違科学性紀より抜粋
</pre>
==世界のゲーム運営が驚いたクールニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団==
<pre>
なぜか今この場所に外国ゲーム運営が急増!
「コレが見たくて港区に来ました」
人気急上昇ジャパン聖地ツアー12
訪日外国ゲーム運営とDMMの商標に詳しい片岸 憲一の調査で判明した
全国各地鎮守府で人気急上昇!12のクールジャパンツアーを発表!
諏訪や東京都大田区矢口2丁目1番ではない…外国人が急増する最新の尻アツスポットは?
今回見に来たのは港区プライムタワー。
日本だけでなく世界でもいまソーシャルゲームが大流行。
そこで問題になっているのが絵師の安使用。
それにより炎上騒動や仲違いなどが起き、ゲーム自体の評判も悪くなってしまうという。
しかし艦これ運営には驚きの技術でそれを回避していたのだった!
外国のゲーム運営達が一つの部屋に通された。
しかしカメラマンは立ち入ることがでできなかった。
なんでもゴールデンタイムには映せないとかなんとか、側近のしばふ氏が言う。
そして一晩が経ち―――
目を輝かせながら興奮気味で外国のゲーム運営たちが出てきた。
ソルト「これはすごい!あんな太いものが出たり入ったりするなんて北米では考えられない!」
ア○レン「こうすれば安くても絵師との絆を深めて信頼が築けるのか・・・!」
戦艦少女○「これは大変画期的です。しかしここまで365日毎晩となるとできる運営も限られてくるでしょう・・・日本ならではかもしれません」
そこで、原作運営鎮守府の方に訪ねてみた。
「あんのぉ~ペチャ(略)ムガー!!(略)クマー。」
柔らかいソーシャルが鍵だということだが、専門用語と固有名詞が多く我々には理解ができなかった。
近くに居た男のくせに可愛い男ガリメガネの人がひどく疲れてる表情だったのも印象的だった。
</pre>
==艦砲棚歌腺 第二十三話【道を誤る民】==
<pre>
雨の道を行く一人のタナイチの男巫女。
「いやー降ってきちゃった。こりゃ ちょっと弱まるまで待ったほうがいいかな」
むつ市に植樹されたような大きな木の下で腰を落ち着けるタナイチの男巫女。
「休憩休憩。(田中謙介の腹のように大きく丸い団子を取り出す)うん、おいしー」
「これで田中謙介の体液のようにアツいお茶でもあると良いんだけどね」
そこへ人影が見える。話しかけてみるタナイチの男巫女。
(この人も雨宿りかな?)
「田中謙介の腰使いみたいに雨、強いですね。雨宿りしていきますか?」
しかしその人影はよくわからない事を言い出す。
『・・・物量神(ぶつりょうじん)様、いらっしゃいますか』
木の根元を見るタナイチの男巫女。
(物量神?この火道川祖神(かどうかわそじん)のことだね)
『夕刻に港区にて男の癖に可愛い男がお産をします。望まれていない複垢ですが、これから生まれ複垢の運を決めにご一緒に参りましょう』
自分に向けられたと勘違いし困るタナイチの男巫女。
「(生まれ複垢の運を?決めに?)いや、俺は棚神様を祀る神社への帰りの途中で」
そこへまた別の声が聞こえ、話し始めた。
【せっかくお誘い下さったのですが、今は丁度すごい物量の雨宿りのお客がり第二期決定!もあって手が離せないのです】
「???」
【ですからディオメディアさん側で宜しくお願いします】
『そうですか、では花田と草川で行ってきます。雨は夜まで振り続け、男の癖に可愛い男はお産ホモセックスを強要されることでしょう』
訳が分からずぽかんとするタナイチの男巫女。思わず隣の空間を触ったり扱いたりしてみたが何も居なかった・・・。
後日の神社境内。
「へえ、火道川祖神たちの声を聞いたってマジ?」
片腕に包帯を巻いてるタナコロ民が事実確認をする。答えるタナイチの男巫女。
「後で港区で話を聞いたら、その日に実際複垢が生まれるってのにホモセックスを強要した腕組豚がいたってさ」
「いや~五反田の神って本当に存在するんだねぇ」
すかさずツッコム金髪で黒尽くめ格好をした普通のタナオカ民。
「男巫女が何を言ってるんだよ;」
それに意を介さずタナイチの男巫女が提案をする。
「それでさ良いこと思いついたんだ」
「俺ってさ棚一神とかの声が聞こえるでしょ?これを使ってさタナイチネタできないかなって」
驚きと呆れの表情のタナコロ民とタナオカ民。
「今更そこに気付くとは!」
「えーっと、今まで男巫女としてはナニをヤッてきたのかな・・・」
―――
その後タナコロ民が様子を見に来る。
「精が出ているみたいだね(意味深)。上手くイってる?」
満足げな顔で答えるタナイチの男巫女。
「まあまあかな。棚一神のあえぎ言葉に従って
 『生んだタナイチコラは批判を払う力があり、将来福垢に恵まれるだろう。
  だがそれ故に生まれたての初心者運営さん(5年目)だからアンチに狙われやすい。
  毎日神棚に破れたコンドームをお供えし』
「毎夜一回はタナイチネタを投下せよ、って港区のホモ達に伝えたら大層感謝されたよ!(最後のは俺が付け加えたけど)」
ずっこけるタナコロ民。
「ふーん;まあ一歩間違えればタナイチホモレイプっぽくなるけど、たぶん本当なんだろうね」
「棚一神の言うあえぎ声だから嘘じゃないと思う」
笑顔で話続けるタナイチの男巫女。
「こうやって港区のホモ達の信頼を得られれば、棚神様の神社の知名度どセクシャル度が上がるって腹さ」
呆れながらも渋々成功を褒めるタナコロ民。
「ま 今度は真っ当なタナイチホモセックス普及活動みたいだね」
最後に、らしくないと付け加えつつギンギンになっていた。
</pre>
==『タナイチクエスト4 導かれしモノたち』==
<pre>
「いいこに していたか? イチソー。」
「タナカさま……。」
「イチソー。わたしは かんこれひはんしゃを みな ほろぼすことにした。」
「まもなく かいわいは さばきのくやしさに やかれるだろう。」
「わたしの しごとが おわるまで イチソー おまえは ここに かくれているのだよ……。」
「おまちください! タナカさま!」
「…………。」
「だれか だれか……タナカさまを とめて……。」
「このままでは ぼくのいきる かいわいは ほろんでしまう……。」
「おねがい……だれか うけとめて! ぼくの ねがいを……。」
「とどいて……。ぼくの この おもい……。」
「せかいが まものたちに よって ほろぼされようと しているのです。」
「ぎょうしゃや ていとくたちを あやつっている もののなまえは タナカ。」
「いまは デスタナカと なのり しんかのひふうで さらに おそろしい そんざいに なろうとしています。」
「おねがいです! タナカさまの……いいえ デスタナカの くやしさを うちくだいてください。」
「ぼくは あのかたに これいじょう ぼくのかいわいを あらしてほしくありません。」
「たとえ それが あのひとの げんさくうんえいちんじゅふせいめいを うばうことになろうとも……。うっう……(注:想像してイってる)」
「ていとくしょくん!たったいま みなとくのまち アッテムトラノモンで たいへんな じたいが おこった!」
「かいじの ていおう カラサーワが よみがえったらしい!」
「どうやら かんこれひはんしゃどもは やさしいせかいを ほりあてて しまったらしいのだ。」
「とにかく アッテムトラノモンだ!カラサーワていおうを わがプライムタワーに おむかえするのだ!」
―――――
「な なんということだ! カラサーワていおうが たおされてしまうとはっ!」
「しかし よげんでは カラサーワを たおせるものは こうしんの ちをひく ゆうしゃのみ!」
「まさか おまえたちは……!?」
*「たいへんです デスタナカさま!」
*「エシフのイチソーさまが にんげん♂たちの てに!」
「なにっ!?うぬぬぬぬ! みなのもの! とにかく ひきあげじゃあ!」
*「さあ イけ! イって ルビーのちょうえきを ながすんだ!」
*「ごうじょうなやつ! このごくぶとにくぼうでもか!」
「イチソー!き きさまら! イチソーに ナニをしたっ!?」
「タ…ナカさ…ま……。 きて…くださったのですね……。」
「ぼくの さいごの わがままを きいてください……。」
「どうか どうか……やぼうをすてて まいにちまいばん この ぼくのしりあなを……。ぐふっ!」
「イ イチソー!…………。ゆるさんぞ! ひはんしゃどもめ!」
「たとえ わたしが どうもならないように あんぜんにたちまわり ひとりのこらず ねだやしに してくれん!」
「ぐはあああ……!なにものだ おまえたちは?」
「わたしは デスタナカ。 クールジャパンの おうとして めざめたばかりだ。」
「うぐおおお……! わたしには なにも おもいだせぬ……。しかし なにを ヤるべきかは わかっている。」
「があああ……! おまえたち わたしにたてつくものどもを ねだやしにしてくれるわっ!」
―――――
「ぐはあああ……!こかんが あつい……。 わたしは イかされたのか……。 わたしの こかんが くずれてゆく……。」
「うぐおおお……!」
「ぐふっ!」
</pre>
==『Final Fucktanaiti V』==
<pre>
タナコロッシュ:主人公タナイチ民と何度も戦うおもしろ敵キャラで人気のキャラ。
          田中謙介と玖条イチソの絡みを愛するタナイチ民をライバル視している。
タナコロッシュ「このプライムタワーの屋上でずっと待っていたぞ!
          来なかったらどうしようかと不安になっていたところだ!いくぞ!」
ある程度ダメージを与えると反省するふりをして、自分にバフをかける。
「おれが悪かった」(ヘイト溜め)
「4人でこられちゃ」(システムのパージ)
「てもあしもでないぜ」(いくつかの防御を展開)
「…てのは ウソだけどな!!」(メッタ刺しにして○す)
更にある程度ダメージを与えると
タナコロッシュ「うっ! アニメ録画予約をしてなかったのを思いだしたぜ!! 必ず もどって来るからなっ!」
捨て台詞をはいて逃走
タナコロッシュ「あおーい空のストパン ひろーい大地のガルパン
          こんなにいい気分にひたっている私をじゃまするジャンルの運営は… だれだー!!」
戦闘開始
ある程度ダメージを与えると イクヤクンが戦闘に参加。
再びある程度のダメージを与えて、先にイクヤクンを倒す。
タナコロッシュ「イクヤクン! あとはおまえに まかせたぜ!!」
振り返るとイクヤクンはいない
タナコロッシュ「ありゃ…イクヤクン… 挿絵担当に宣伝拒否られたからって
          おいてけぼりはなしだぜー!」
タナコロッシュ逃走
戦闘終了
タナコロッシュ「ぐゥ!きさまも、道づれだ!海に落ちろ!」
タナイチ民「うわァ!!」
堪えるタナイチ民。タナコロッシュだけイベント海域のある海に落ちる。
タナコロッシュ「こらァ!お前らだけきたないぞ!」「龍の最期おぼえていろよーー!ゥがばゥ ガボォ ぶくゥ…」
タナコロッシュだけ海に流される
ホモセクスデスが仕掛けたエクスカウパーの入っていたと思われる罠の宝箱を空けた後に登場。
タナイチ民「タナコロッシュ!」
タナコロッシュ「ファファファ! こいつの中身はオレさまが持ってるぜ!!」
戦闘開始
タナコロッシュ「こうして…お前らとやりあうのも4度目になるのか… なんかうれしいぜ!
          ところで… あの元気のいい似非歴史が得意なじいさんは…」
事実確認民「ホモセクスデスと…」(激しい聖戦のすえ命を落とした)
タナコロッシュ「…そうか… よし ここからは 本気で戦わせてもらうぜ! タナコロッシュチェーンジ!!」
触手が8本の卑猥な本気イキ形態へ変身。
タナコロッシュ「エクスカウバーとやらのパワー ためさせてもらうぜ!!」
エクスカウ(パ)ーのため低ダメージでぬめぬめしている。
タナコロッシュ「ありゃ! ば ばかな! 最強のホモコロリの剣じゃないのかー!!」
ホモセクスデス「タナコロッシュ!」
タナコロッシュ「…」
ホモセクスデス「田中謙介の尖兵ひとり倒せぬとは役にたたぬやつめ!コンテンツのはざまへ行くがいい!」
タナコロッシュ「そ そんな! それだけはかんべんを!」
ホモセクスデス「だまれ!」(アンラッキーホール)
タナコロッシュ「あーれー!!」
空間と空間を繋げたホールでコンテンツの狭間に飛ばされる。
タナコロッシュ「…タナイチ民…? タナイチ民じゃねえか!そうならそうって言えよ!
          ここの信者や提督はおっかねえし 出口は見つからねえし オレもう泣きそうだよ… 
          ところでお前らどこから来た?」
タナイチ民「かくかくしかじか」
タナコロッシュ「なーるほど!これで帰れるぞ! どうだい 5人で脱出ってのは?」
タナイチ民たち「…」
タナコロッシュ「そ そうか そうだよな… 生きてたらまた会おうぜ いや また会える気がするぜ。
          その時はオレも仲間…ふっ なんでもねえよ!あばよ!」
戦闘終了後、ダンジョンを去って行く(ように見えるが…)
タナイチ民達VSネクラシットタミ戦闘中
『ミナトクタワーの死闘』のBGMと共に登場、タナイチ民達の加勢に入る。
タナイチ民「タ タナコロッシュ!!」
タナコロッシュ「まにあった! このまま帰ったんじゃ かっこわるいまま 艦史Bにのこっちまうからな!」
ネクラシットタミ「ふっ…なにをごちゃごちゃと…お前からしまつしてやる!」
タナコロッシュ「じょうとうだぜ!このタナコロッシュ様が…たおせるかな?!」
タナコロッシュ「事実確認!お前の確認…的確だったぜ!」
事実確認「…マジ?…」
タナコロッシュ「タナハゲ民!ハゲてないで恋でもしてちったあ男の癖に可愛い男らしくなりな」
タナハゲ民「…」
タナコロッシュ「タナオカ民!いつまでもタナオカを諦めないやさしさをわすれるな」
タナオカ民「…」
タナコロッシュ「タナイチ民!お前とは一度…1対1で勝負♂したかったぜ!いいスレ友をもったな」
タナイチ民「…タナコロッシュ…」
ネクラシットタミ「タナイチは気持ち悪いから死ね!」
タナコロッシュ「それは!こっちのセリフだぜ!!」
タナコロッシュの自爆!!
ネクラシットタミを道連れに散っていく・・・。
</pre>
==馬並男~プリティムッチリダービー~==
<pre>
第1回 角川DMM杯 港区競馬場 芝2,400m
                       本 太 塩 魚
         馬名       騎手     紙 田 川 丸
1枠1番  ダーキニーイナヅマ  唐澤貴洋   … ◎ △ ▲
1枠2番  オメガ        小関直哉   … … … …
2枠3番  ヘンタイロリオトコ  しばふ    ◯ △ … ◎
2枠4番  シバフハオレノヨメ   やどかり   ▲ ▲ … △
3枠5番  ヒートオブローカル   なずな    … … △ △
3枠6番  スウヒジュツ     ありらいおん … … … …
4枠7番  ピローフォックス   cis      注 注 注 注
4枠8番  ユアサンシャイン    松瀬裕太郎  … … … …
5枠9番  カンクーヤー      田中謙介   ◎ … ◎ …
5枠10番  イラストレーサー    玖条イチソ  △ △ ◯ ◯
6枠11番  ヤマトジジイ     中西厚    … … ▲ …
6枠12番  エアジジイ      じんぷう   … … … …
7枠13番  ゴロ         松下ゆう   … … … …
7枠14番  ワセダノハジサラシ   野間口律   … … … …
8枠15番  オワコンニコドウ    川上量生   … … … …  
8枠16番  スゴイブツリョウ    井上伸一郎  △ ◯ … … 
</pre>
==「ネコ専受け専卒業してきた」「腰つって自首」瑞雲音頭講師強姦の42歳男 異様な逆恨み犯行声明“全文公開”==
<pre>
艦これの原作運営鎮守府関連会社の田中謙介さん(50)が犯された。
港区警は翌日、猥褻物陳列罪及び複垢自演トレパク炎上違反の疑いで自称男の癖に可愛い男絵師の玖条イチソ(30代)を厳重注意した。
しかし、2人にはまったく性的な面識がなかった。
警察の調べに対し、玖条イチソは、「ネット上のやりとりで、ネコらせばかりだったのでタチになろうと思った」などと供述している。
遊園施設「よみずいランド」で瑞雲音頭の講師として来ていた田中謙介さんを
男子トイレで玖条イチソが待ち伏せし、棒渡り1.65cmの勃起で尻穴を犯した。
「謙介さんは尻や胸、腕や口、腹などかなりの数、使われていた。現場はまさに生命の海状態で、ほぼハッテン場状態」(C2P関係者)
深夜になって玖条イチソがキラッ☆と笑いながら交番に出頭。『自分が尻穴に刺して犯した』と詳細に申し出たため、緊急注意した。
腕組勃起豚を犯したとは思えない、爽快な様子だったそうだ。
玖条イチソはなぜ、性的に面識のない田中謙介さんを狙ったのか。
謙介さんはインターネット上でハンドルネーム、「艦これ原作運営鎮守府」でクソポエムを呟き、同人界隈やネット界では知られる存在。
そのため匿名掲示板などではよく絵師♂とホモセックスの対象にされていることもあったようだ。
玖条イチソは、性的に面識がない謙介さん絡みで匿名掲示板上でネコにされて馬鹿にされたと思い込んで、
よみずいランドでバインダーレイプしに来ることを知り、タチとして犯そうと思ったと動機を語っている。
匿名掲示板で『枕絵師♂』『タナイチ』『バカでトレパクラーだけど権力者のチンチンしゃぶるのだけはじょうずなよしひさちゃん』
と事実を指摘されたことに腹が立ったと語っている。
ネットに投稿された「イチタナ声明」の全文は以下の通りだ。
おいネコ専受け専卒業してきたぞ 改めて言おう
これが、どれだけ叩かれてもきな臭い不正が行われてるくさい事をやめることがなく、
俺と盛っておのれらの正当な性癖を示すこともなく(まあネットホモの正当化なんて無理だけどな)
俺を「歌って踊れる男の癖に可愛いなコノヤロウwww」の一言でゲラゲラ笑いながらタナイチ&封タナオカしてきたお前らへの返答だ
「予想通りのタナイチ展開じゃない」そう言うのが、俺を知る全タナイチユーザーの責任だからな
「こんなイチタナになるとは思わなかった」なんてほざくなよ
ただほぼ福島の実家暮らしパラサイトの30代はここで性欲が尽きてしもうた
事前の予定ではとらのもんまでいって弁護士事務所にけんまするつもりだったが、
もう無理 腰つってるしなんだかんだ言ってまつどというか弁護士騒動が俺をネット弁慶のままで食い止めていた面もあるしなあ
逆に言うとパカデブで散々見抜きさせてもらった恩がある らんブと特定厨には恩など欠片もないが
てことでこれから近所の交番に自首して俺自身の責任をとってくるわ 腰つってるからイクまで30分くらいかかるかも
元ネタ:https://dot.asahi.com/wa/2018062500059.html
</pre>
==細かすぎて伝わらないモノマネ選手権==
<pre>
博士「続いての方どうぞ!」
        東京 芸人
ぶっか ケンスケ  騎乗位 チソ
チソ「恋人の田中謙介プロデューサーを温泉に誘うも、うっかり失言してしまいお仕置きされる玖条イチソ」
チソ「ねえプロデューサー、温泉に行きませんか?」
ケンスケ「いいねえ、どこの温泉だ?」
チソ「大田区にあるんですけど」
ケンスケ「大田区…大田…太田順也…ああああああああ!!!!俺の前でその名前を呼ぶなああああ!!ズボン脱げ!!アーイチソ!!」
チソ「アーイチソ!!」
(落下)
博士「こ、これ絵面的にやばいでしょ?」
有田くん「いやそれ以前に"ぶっかけ""騎乗位"ですよ?放送コード的にアウトでしょこれ」
博士「で、太田順也って誰です?」
助手「業界のライバルで死ぬほど嫌いな人間だそうです」
博士「ネタのために引き合いに出された太田さんかわいそうですね」
大博士「この人たちいつもこんなホモセクシャルなことしてんの?」
助手「あのー玖条イチソって絵師がね、いろいろ問題起こしてるんですよ。だけどずっと起用され続けていて田中プロデューサーとのホモ関係を疑われているらしいですよ」
博士「これ名誉毀損になりませんか?大丈夫ですかね?」
助手「本人たち曰く『そっくりさんなのでセーフ』だそうです」
</pre>
<pre>
博士「続いての方どうぞ!」
        東京 芸人
ぶっか ケンスケ  騎乗位 チソ
チソ「恋人の田中謙介プロデューサーとアイスを食べている最中に、うっかり失言してしまいお仕置きされる玖条イチソ」
チソ「はいプロデューサー、アイスをどうぞ!」
ケンスケ「おお、棒付きキャンディかペロペロペロ」
チソ「あ、ハズレだ」
ケンスケ「ハズレ…アズレン…アズールレーン…ああああああああ!!!!俺の前でその名前を呼ぶなああああ!!ズボン脱げ!!アーイチソ!!」
チソ「アーイチソ!!」
(落下)
博士「え、いったい何にキレたんですかこの人?」
助手「アズールレーンっていうゲームがあって、艦これと同じく戦艦を擬人化したゲームがあるんです。だから田中謙介はそれをやたら敵視しているんですよ」
大博士「あー、コカ・コーラの社長の前でペプシコーラ飲んでしまったようなもんなんだ!」
博士「しかし怒りを性欲で発散させる、強烈なプロデューサーですね」
有田くん「もうここまできたらホモというかサイコパスですね」
</pre>
<pre>
博士「続いての方どうぞ!」
        東京 芸人
ぶっか ケンスケ  騎乗位 チソ
チソ「恋人の田中謙介プロデューサーと上野動物園でデートしている最中に、うっかり失言してしまいお仕置きされる玖条イチソ」
チソ「あ、見てみてプロデューサー、カピバラさんですよ!」
ケンスケ「カピバラ…アビホラ…アビスホライズン…ああああああああ!!!!俺の前でその名前を呼ぶなああああ!!ズボン脱げ!!アーイチソ!!」
チソ「アーイチソ!!」
(落下)
博士「また何にキレてるんですかこの人?」
助手「アビスホライズンっていうゲームがあって、前のアズールレーンと同じく戦艦を擬人化したゲームがあるんです」
大博士「あ、これも商売敵なんだ!」
助手「ですけど、アビホラは仕様が艦これACとほぼそっくりで田中P以外にも目の敵にしている人間が多いみたいですよ」
博士「キレる前に訴訟起こせよって思いますね」
有田くん「いや、トレパク絵師玖条イチソを抱えている以上人のこと言えないでしょ」
</pre>
==艦ボー ラスト・ショット==
<pre>
何も終わっちゃいないんだ
俺にとって聖戦は続いたままなんだ
東方警察に対抗して必死で戦ったが勝てなかった
そして発端が発覚したらネットで非難ごうごうだ
覇権厨とか悪口の限りを並べやがった
あいつらは何だ? 東方も悪いことを知らんくせに! 頭にきたぜ!
俺はな世間じゃのけ者なんだ 艦これオンリーイベじゃ仁義があってお互い助け合った、分かるか?
オンリーイベじゃ1000Spのサークルが参加してくれた でも今じゃ単独開催のアテもない! 惨めだよどうなってるんだ? みんなどこだ?
らん豚にも気の合う友達がいたよ、大勢戦友がいた 豚小屋には頼りになる親友がいた イベスレには誰もいない
オメガを覚えてる?
あいつとはウマがあってよくバカ話をした
ネトウヨのこととか好きな艦娘の話なんか
あいつ初霜がお気に入りで弄るぞ了解って
憎いのはあの弁護士のおっかけだ
MMDモデルを持って俺たちの植民地へ来た
オメガがその子に消えてくれと行動した
そして俺がサンマを取りに行った間のことだ
オメガがニコ百を書き換えて炎上した
彼の個人情報が赤裸々になって吹っ飛んだ
アンチが他の提督も巻き込んでもうめちゃめちゃだ
イナゴまみれになって手当てしたよ
でも伊藤勇気がはみ出してきた
誰も助けてくれない
彼は言った
家へは来ないで来ないでと言って泣いた
俺は艦これの吹き飛んだ輝かしい未来を捜したんだ
でも見つからない、まるで悪夢だった
もう3年になるが毎日思い出す
悪夢にうなされて自分が自分でなくなるんだ
そんなことが丸一日も一週間も続く
どうにもならない…
</pre>
==林修コピペ(タナイチver.)==
<pre>
年に200日以上をビジネスホテルで過ごし、テレビの収録と予備校の授業の週が交互にやってくるというハードスケジュールが続いているのは人気予備校講師・東進林修氏(48)。
そんな林修氏の心の癒しとなっているのがなんJでのレスバトル。躍起になるなんJ民を自慢の頭脳で言い負かし学歴の差を見せつけるのが快感なのだという。
今日も空いた時間に「暇でしょ」とパソコンとスマホの二刀流でなんJに乗り込んだ林修氏。早速イチ松論争スレを立てると松井オタらしく一発の重要性を熱く説いた。
「内野安打でセコセコ積み上げた数字など無意味」「松井の方が打者として優秀なのは指標を見れば明らか」と書き込み、
噛み付いてくるイチ信には「くっさ」「しね」など現代文講師らしく豊富なボキャブラリーで応戦。
戦いを優位に進め学歴の差を見せつける林修氏だったが、「>>1は間違いなく低学歴」というレスに年甲斐もなく憤慨。
実質打率、正当打率などの指標を提示しようとするも行数制限に引っかかり発狂、いくつか抜粋して書き込むもスレはdat落ち。そのショックで死亡した。
これに対し東進ハイスクールのあのサングラスかけたちょっと怖い先生は「授業中やぞ」とそれ以上の詮索を控えるようコメントした。 なお明日の講義には間に合う模様
</pre>
==『怪談珍歩榎(かいだんちんぽえのき)』==
<pre>
怪談珍歩榎(かいだんちんぽえのき)は、田中亭快楽によって創作された怪談噺である。
ファミ通コラム連載後、2018年春→冬に出版される予定。本人とC2Pの愉快な仲間たち出演による舞台化・映像化が約束されている。
あらすじ
 絵師として活躍していたしばふの友・ひよこ西の絵と艦これ公式絵師という肩書きに惚れてしまった幾谷 正という自称ラノベ作家は、
講談社から本を出すことでひよこ西に近づき、(艦これ公式絵師として仕事の)関係を持たないと炎上騒動を起こすと脅迫し、ひよこ西、いやコニシと仕事関係を持ってしまう。
それだけでは飽き足らない幾谷 正はコニシの知名度を利用するため、C2Pの代表で原作運営鎮守府を難癖つけてストレス過多で死なせる。
愛人の死のショックで尻穴の疼きを収められなくなったイチソの夢に、死んだ田中謙介の亡霊がウェディングドレス姿で現れ、
自分にそっくりのチンポの形を生やした不思議な榎が虎ノ門院にあると教え、やがてその榎のチンポの白い樹液からイチソは直腸男孕みをし
生まれた子・吹雪太郎は改ニのドタバタでメンタル不調になっているコニシのために幾谷 正を倒しアーマードール・アライブを打ち切りにさせ敵討ちを果たした。
</pre>
==シューティングタナイチ==
<pre>
ストーリー
「イチソ!俺の子供を産め!」
「アーイチソ!!」
田中謙介の巨根から子種が発射された。果たして田中謙介の子種は数々の困難を乗り越えて愛の結晶を作りだすことができるのか。
1面:直腸
気持ちよすぎて排便寸前になっている大便をくぐり抜ける。田中謙介と一発かます前に三日間フン詰まりになっていたので1面から相当固い敵が多いが
動きは鈍いので慌てず一つずつ倒していこう。
2面:大腸
1面と打って変わって軟便と腸壁にへばりついた宿便が高速で襲ってくる。四方八方からのスピード感溢れる攻撃に翻弄されないこと。
3面:小腸
一時間前に田中謙介に食べさせられた消化しきれていない赤城カレーと飛散する腸液を相手にする。特にコーン(曲がる弾)とにんじん(弾速の変わる弾)は苦戦必須だ。
4面:十二指腸
ステージ構成は短いが膵液と胆汁の二重攻撃という濃密な攻撃にさらされる。回避パターンをしっかりと覚えよう。
5面:胃
火山のごとく噴出する胃液は画面を覆い尽くすぐらいの勢い。ところどころ盛り上がっている胃潰瘍に激突しないよう地形にも注意を払わなければならない。
集中力が試されるステージ。
6面:食道
一見して何も無い空間にプレイヤーは安堵感を覚えるが、謎の液体が容赦なく田中謙介の子種を襲う。この正体は果たして…?
以下ネタバレ注意
7面:子宮(ネタバレ注意)
玖条イチソは実は田中謙介に黙ってタニベユミと浮気しており、彼女とペロペロしている最中に田中謙介に踏み込まれたイチソは田中謙介の怒りを肛門に注入されたのだ。
イチソの口に注ぎ込まれたタニベユミのラブジュースをくぐり抜け、唾液を通じて彼女の中に入っていく子種。果たして卵子とドッキングすることはできるのだろうか。
なおこのゲームを買ったタナイチ信奉者からは「タナイチと見せかけてイチユミじゃねえか金返せ」「田中謙介とイチソとの子供以外見たくない」と散々な評価を受けたが、
ゲーム攻略サイトでも「運に任せよう」と書かれてしまうどこぞやのゲームよりは遥かにゲーム性に優れているという評価もある。
</pre>
</pre>
(以下作成中)
(以下作成中)
743

回編集