「海上自衛隊関連」の版間の差分

編集の要約なし
1行目: 1行目:
海上自衛隊内部の<s>謙属</s>艦これシンパによるスタンドプレイや、(´田ω中`)および艦豚による海自主催・後援イベントへの艦これ押し売り、また旧海軍の艦船と現代の護衛艦を故意に混同・オーバーラップさせる行為の問題点についてのまとめ
海上自衛隊内部の<s>謙属</s>艦これシンパによるスタンドプレイや、艦王および艦豚による海自主催・後援イベントへの艦これ押し売り、また旧海軍の艦船と現代の護衛艦を故意に混同・オーバーラップさせる行為の問題点についてのまとめ
   
   
__TOC__
__TOC__
9行目: 9行目:
そうであっても建前上は「旧海軍と海自は連続性を持たない別組織」であることは常に確認の対象となっておりそれを否定すること、<br>
そうであっても建前上は「旧海軍と海自は連続性を持たない別組織」であることは常に確認の対象となっておりそれを否定すること、<br>
つまり海自が旧海軍と連続性を持つ後継組織のように扱うことは非常にセンシティブな問題を引き起こす要因となる(これはWW2時代のドイツ国防軍と現代のドイツ連邦軍にもほぼ共通する。イタリアの場合はWW2時代の王国軍と現代の共和国軍の連続性を認めている)。<br>
つまり海自が旧海軍と連続性を持つ後継組織のように扱うことは非常にセンシティブな問題を引き起こす要因となる(これはWW2時代のドイツ国防軍と現代のドイツ連邦軍にもほぼ共通する。イタリアの場合はWW2時代の王国軍と現代の共和国軍の連続性を認めている)。<br>
にも関わらず、艦これブーム以降は護衛艦かがにご執心の艦王こと(´田ω中`)が自ら率先して旧海軍の艦船と現役の護衛艦をオーバーラップさせることに肯定的と取れる行動を繰り返しており、<br>
にも関わらず、艦これブーム以降は護衛艦かがにご執心の艦王が自ら率先して旧海軍の艦船と現役の護衛艦をオーバーラップさせることに肯定的と取れる行動を繰り返しており、<br>
海自側も特にお気持ち表明などはせず実質「容認」している状態であった。(過去形、詳しくは後述)<br>
海自側も特にお気持ち表明などはせず実質「容認」している状態であった。(過去形、詳しくは後述)<br>
(´田ω中`)や艦豚のこうした行動に対しては良心的なミリタリーファンから何度も苦言を呈されているが一向に改まる気配は無く、<br>
艦王や艦豚のこうした行動に対しては良心的なミリタリーファンから何度も苦言を呈されているが一向に改まる気配は無く、<br>
むしろ海自内部の艦これシンパが手引きするような形で新たな問題を引き起こす事例すら見られるのが実情である。
むしろ海自内部の艦これシンパが手引きするような形で新たな問題を引き起こす事例すら見られるのが実情である。


30行目: 30行目:
【一部】というのが何を指しているのかはもはや語るまでもないだろう。事実上の名指しである。
【一部】というのが何を指しているのかはもはや語るまでもないだろう。事実上の名指しである。


==(´田ω中`)の護衛艦に対するこだわり==
==艦王の護衛艦に対するこだわり==
過去のインタビューなどから見て(´田ω中`)は旧海軍の艦船以上に海自の護衛艦へのこだわりの方が強いと言うのが定説になっている。
過去のインタビューなどから見て、艦王は旧海軍の艦船以上に海自の護衛艦へのこだわりの方が強いと言うのが定説になっている。
具体的には「橘型駆逐艦の梨を海底から引き揚げ、護衛艦わかばとして再生する所から始まる」次期タイトル(仮に「護衛艦これくしょん」とも呼ばれる)の構想を披露したことがあるが、後述する通り本業をすっぽかして護衛艦見学に繰り出し、その度に醜態を撮られているのはどうかと思うぞ。
具体的には「橘型駆逐艦の梨を海底から引き揚げ、護衛艦わかばとして再生する所から始まる」次期タイトル(仮に「護衛艦これくしょん」とも呼ばれる)の構想を披露したことがあるが、後述する通り本業をすっぽかして護衛艦見学に繰り出し、その度に醜態を撮られているのは界隈からも批判が噴出する事態となった。


なお、海自の護衛艦擬人化はMC☆あくしず関連2タイトルや萌え萌え2次大戦シリーズなど陸海空複合型のゲームでは艦これ以前から扱っている。また、艦これと[[vsアビス・ホライズン|東京地裁悔戦]]を繰り広げたアビス・ホライズンでも登場している(一説には「(´田ω中`)をムガらせるために登場させたのではないか?」とも言われていた)。
なお、海自の護衛艦擬人化はMC☆あくしず関連2タイトルや萌え萌え2次大戦シリーズなど陸海空複合型のゲームでは艦これ以前から扱っている。また、艦これと[[vsアビス・ホライズン|東京地裁悔戦]]を繰り広げたアビス・ホライズンでも登場していた(一説には「艦王をムガらせるために登場させたのではないか?」とも言われていた)。


また、草創期にはアメリカ海軍から[[アメリカ艦#駆逐艦|フレッチャー級]]駆逐艦のヘイウッド・L・エドワーズ及びリチャード・P・リアリーの貸与を受けているため、その2隻を艦これが先に出すのか[[他艦船擬人化ゲー]]に出し抜かれるのかは以前から注目されている。<s>まさか有明と夕暮(未登場)を魔改造したらフレッチャー級になるんじゃないでしょうね?</s>
また、草創期にはアメリカ海軍から[[アメリカ艦#駆逐艦|フレッチャー級]]駆逐艦のヘイウッド・L・エドワーズ及びリチャード・P・リアリーの貸与を受けているため、その2隻を艦これが先に出すのか[[他艦船擬人化ゲー]]に出し抜かれるのかは以前から注目されている。<s>まさか有明と夕暮(未登場)を魔改造したらフレッチャー級になるんじゃないでしょうね?</s>
45行目: 45行目:
===かが===
===かが===
[[用語集/か行#かが勃起|用語集の「かが勃起」]]も参照。<br>
[[用語集/か行#かが勃起|用語集の「かが勃起」]]も参照。<br>
(´田ω中`)の枕艦の一つ<b>であった</b>加賀と同じ読みであるため、この護衛艦かがもまた大本命である。<br>
艦王の枕艦の一つ<b>であった</b>加賀と同じ読みであるため、この護衛艦かがもまた大本命である。<br>
しかしその加賀のCVを担当した井口裕香はアズールレーンの江風役を担当したため、加賀ともども極大ムガ要素へと変貌したと思われる。
しかしその加賀のCVを担当した井口裕香はアズールレーンの江風役を担当したため、加賀ともども極大ムガ要素へと変貌したと思われる。


54行目: 54行目:
===いせ===
===いせ===
護衛艦いせに対して「艦これ伊勢の差分絵パネル」を寄贈した。<br>
護衛艦いせに対して「艦これ伊勢の差分絵パネル」を寄贈した。<br>
一応(´田ω中`)自身は【護衛艦】moooodeと言わんばかりの建前を主張していたのだが、寄贈されたパネルの伊勢が<b>主砲を装備していた</b>。<br>
艦王自身は【護衛艦】moooodeと言わんばかりの建前を主張していたのだが、寄贈されたパネルの伊勢が<b>主砲を装備していた</b>。<br>
つまり<b>戦艦伊勢丸出し(ry</b><s>そういうのマジでやめろよ</s>
つまり<b>戦艦伊勢丸出し(ry</b><s>そういうのマジでやめろよ</s>


75行目: 75行目:


===あしがら===
===あしがら===
あたごと同じくアビホラに登場した。しかも、2019年1月に日本版の運営体制が変わり東京地裁海戦が停戦になった直後の1月12日には成人式晴れ着modeの追加が発表され、ここぞとばかりに(´田ω中`)を挑発している。
あたごと同じくアビホラに登場した。しかも、2019年1月に日本版の運営体制が変わり東京地裁海戦が停戦になった直後の1月12日には成人式晴れ着modeの追加が発表され、ここぞとばかりに艦王を挑発していた。


===さわぎり===
===さわぎり===
114行目: 114行目:
===もがみ===
===もがみ===
命名日に以下略。アイコンも以下略。
命名日に以下略。アイコンも以下略。
===やはぎ===
艦王が大興奮しながら温泉旅行に行く夢を語るぐらいイチオシの矢矧に紐付けして命名日にウッキウキで【いつ静】理論を炸裂させたが、前述の通りよりによって'''当の海上自衛隊から名指しに近い形で【いつ静】理論を完全否定された'''と言う意味でメモリアルとなった1隻。


----
----
530

回編集