さぶれインパクト

提供:kancolleguti2ch
ナビゲーションに移動 検索に移動

2021年1月28日の夜に勃発した大企業や官公庁のデータ管理用プログラムのソースコード漏洩が発覚した事件、通称【さぶれインパクト】とその余波についてのまとめ


事件の概要

1月28日にTwitterでハンドルネーム「さぶれ」が艦これに関するアンケートを投稿したのが発端。この時の設問で韓国人に対する差別的な煽りの入った文言が選択肢に含まれていたため、疑問を感じた第三者が注意したところ口論となった。

↓発端となったツイート

この時の応酬で飛び出した「艦これには1000万人のアクティブプレイヤーがいる」と言った珍発言が愚痴スレに報告され、注目を集めるがこの騒ぎによってさぶれの過去のNTUY染みたヘイト投稿がサルベージされ、本名や住所、職場が次々と割り出されて行く。

その過程で、本人がGitHubに誰でも閲覧可能な形で公開していた約80点のソースコードに三井住友銀行やNTTデータの子会社、その他の官公庁や警察関係のデータベースに使われているとおぼしきものが確認されたため、炎上騒動となった。

さぶれはこれらのソースコードを公開していた理由を「年収査定サービスの診断を受けるために投稿した」と悪びれもせずに認めたが、名前の上がった企業では朝から機密漏洩の発覚で大騒ぎとなり、昼から夕方にかけて新聞やネットニュースで次々と取り上げられる事態に発展した。

そのソースコードを公開した動機が「自身の適性年収を知りたいから」という心底どうでもいい理由で規格外の被害をおよぼしたこともあり、艦豚の非常識っぷりが界隈のみならず世間に広く知れ渡ったため炎上が続いている。

  • この事件が【さぶれインパクト】と呼ばれるようになったのは、関連ワードがTwitterトレンドを席巻した1月29日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を放送していたので、エヴァの作中用語「サードインパクト」と騒動を引き起こしたハンドルネーム「さぶれ」が悪魔合体したことによる。


大企業や官公庁、ひいてはIT業界を震撼させる重大な衝撃をもたらした結果を考えると、まさしく【インパクト】と呼ぶにふさわしいだろう。

被害にあった団体(発表順)

関係各所リリース

三井住友銀行

Profit Cube

その他(業界団体等)

外部サイトによるまとめ

  • https://togetter.com/li/1659308
    100万PV到達(当初はタイトルに【艦これユーザーさん】の一文が含まれていたが、経緯説明の部分が無いためか現在は外されている)

各社の報道・論評

日経クロステック

ITmedia

※傘下の謙属記者を抱えるねとらぼではこの関連のニュースは今のところ取り扱っていない。

(以下は姉妹サイトのITmedia エンタープライズ)

ヤフーニュース

ネタ系

YouTube

【ソシャゲ事件簿:CASE232】ソースコード流出事件(艦隊これくしょん) https://www.youtube.com/watch?v=A9bbLVGMAKQ

【ひろゆき】SMBCソースコード流出事件に震えるひろゆき https://www.youtube.com/watch?v=cpyZchX-Skw

「年収300万プログラマー 住友銀行等の情報漏洩」等について https://www.youtube.com/watch?v=9RJPcvMHGuk

トレンド独占

1月29日、本件は認知が広まるにつれ徐々にトレンド順位を上げていき昼頃には上位を独占している様子が見られた。

その後もずっと上位を独占した。

これは事実確定の15;00以前のトレンド

この他には情報流出、情報漏洩、三井住友銀行、無償公開、ラプラスの箱等もあり、(ラプラスは本件をガンダムに例えたことがバズったことによる)

さらに15:00頃に三井住友銀行による事実確定の報道が日経クロステックから出てからはソースコードも順位を上げ、

本件に関係するトレンドが代わる代わる現れ続けた。

ツイッタートレンドの動きを観測しているアカウントでは夕方17:30頃にはトップ5を独占した瞬間もあったようだ。

その後夜間にテレビ番組が始まるとトレンドから消えていった。

このとても関係性を見いだせないこの日のトレンド群が同じ事件・出所のものだと初見で看破できたものは果たして存在したのだろうか。

問.

【GitHub】【SMBC】【年収300万】【艦これユーザーさん】

以上の単語を用いて短文を作成せよ(配点30)


余談だが、この日の他のトレンドで【年収1500万】というものもあった。 これはなにかというと、29日朝に発生した【駐車場で下半身を露出したとして公然わいせつの疑いで日立製作所企画本部長を逮捕した】というものによる。

年収1500万はあくまで推測によるものであるが、あまりのタイミングの良さにさぶれ氏の300万と並べられ、

【年収300万が情報漏洩し、年収1500万が下半身漏洩する朝】とネタにされてしまった。

ちなみにこの両事件はどちらも横須賀で発生しており、奇しくも同日に起きた2件のとんでもない騒動により風評被害が心配される。

さぶれ君について

職歴20年以上のプログラマー。ハンドルネームは本人曰く、プログラム用語のサーブレット(servlet)から取ったもので菓子のサブレではないとしている。 流出発覚の経緯及びコードの変数名に艦これにまつわる艦名が用いられていた事から分かるように、病的な艦これファンである。以前に使用していたTwitterアイコン(後述)を見ての通り夕立推しだが、ブラゲに関してはいわゆるガチ勢ではないようで甲勲章は1つ。 アズレンも多少触ったことはあるらしく表立った攻撃を行う様子は確認されていないが、やはり艦これ贔屓のためか余り快く思っていない形跡も見られる。 発端となったツイートからも見られるようにいわゆる「特定アジア」を嫌悪しているようで、事件以前にも幾度となくヘイトスピーチ的な投稿を行っていた。

https://web.archive.org/web/*/http://dcm-ich.jp/

https://archive.vn/http://dcm-ich.jp/

https://archive.vn/https://bit.ly/1A1wn3h

自身が情報漏洩する側であったとは皮肉なものである。

愚痴スレにおいては、過去に「それでも、ノーヒントでがんばるのだ 苦行ではない、得られる物かならずある」という珍発言で話題になったことがあったがその頃はもっとやばい奴等が闊歩しており、特に有害でもないためスルーされていた。

Twitterアカウント

Twitterアカウント:https://twitter.com/sabure320

当時使用していたもの。現在はアカウント削除済みであり、元々のスクリーンネームである「@sabure320」は別のユーザーが使用している。

ブログ(削除済)

ブログ跡地:http://blog.livedoor.jp/sabure0001/

さぶれ君はブログを運用していることが知られていたが1月30日〜31日頃にかけてブログが削除されていることが確認された。

そうやって生存報告していくのか(困惑)

http://blog.livedoor.jp/sabure0001/ 削除に付き閲覧不可

しかし当然ながらすでに保存されているため、現在においても以下のarchiveから閲覧可能だ。

①https://archive.vn/http://blog.livedoor.jp/sabure0001/ 全ページ閲覧可

②https://web.archive.org/web/20210128175526/http://blog.livedoor.jp/sabure0001/ 

 1ページ目のみ閲覧可

①が全ページ閲覧可能なのでオススメ

ちなみに②の取得時期は今回の件だが,①は実はすぐ上の【非常識発言集】のころに取得されたものである。

弁護士への相談&借金持ち

どうやらさぶれは過去にパソコン教室による失敗(経営?)によって借金を抱えている模様。

そしてここで登場する本件の問題対応への弁護士はかの有名な【唐澤貴洋氏】である。


事件に対する反応

記事を見てもわかるように、事件そのものは艦これと何の関係もないのだがソースコード流出が発覚する契機となった出来事は艦これプレイヤー同士の口論であり、そう言う意味では関係があると言えなくもないため日経クロステックやヤフーニュース、またソシャゲ事件簿やひろゆきの動画では実名を出されている。

また、事件の発端が発端だけにヘイトスピーチが原因でファイナルギアの仕事をクビになったイチソ氏の前例を引き合いに出す意見も見られた。

艦これ界隈の反応

事件の発端に絡むため艦これの名前をネガティブな話題で出されたことに怒りを爆発させ、【一部の人達】が何故か必死にさぶれ君を擁護する動きが確認されているが多数派ではなく、大半のprayerは事の重大さを認識して手を引いているようである。

むしろ、前年の声優脅迫事件と同じで【一部の人達】が「艦これは無関係」と騒げば騒ぐほど艦これプレイヤー同士の口論が騒動の発端だったことに注目が集まる皮肉な状況となっている。

SMBCコラボ

ツイッター上の反応で本件を【SMBCコラボ】と形容している姿が見られた。

無論正式コラボなどであるはずがないのだが、艦豚の仇敵とされるアズールレーンにおいて2020年末に三菱UFJニコスとコラボクレジットカードを発表していたためこれと対抗する形で、

「アズレン【三菱UFJコラボ】」

「艦これ【三井住友コラボ】」

などというように並べて表現されていた。

本来なんの関わりもなければコラボとして引き合いに出すこと自体が不可能なのだが、

今回は明確に接点が発生してしまっているためこのような表現を出すことが可能になったというあたり【持っている】と表現せざるを得ない。

フミカネ氏

島田フミカネが珍しく反応し、艦これのタイトルを紐付けて報じることに疑問を呈したのに対して【誰かさん】の名前を出されたり「ドイツ艦まだですか」のような反応へことごとく運営と見紛うようなブロックを連発していることが話題となった。

どうやら運営との確執はこれまで愚痴スレで取り沙汰されていた以上、具体的には「田中謙介」の文字を見るだけでPTSDを発症するぐらい深刻と見られ、昨年発売の画集に艦これのイラストが1点も無かったことも納得が行くと言うものである。

返信へのブロックだけでなくエゴサブロックまで行っているようで、【誰かさん】と違って個人レベルでやるのは全く自由なのだが、一定の知名度を持っている人物として行っているためその【誰かさん】と比較されてしまったのは言うまでもない。

ぽいぽいプリン氏

さぶれ君がTwitterで使用していた夕立アイコンを描いたぽいぽいプリン氏は騒動の勃発から1週間後にブログで以下のエントリーを公開した。

特に注目すべき箇所は以下の通り。

いつだったか、S氏が自分のイラストに文字入れ加工を施し、艦これ公式アカウントにリプライしているのを見掛けた。おいやめろ、それは色々とNGだ。
(中略)
慌ててpixivFANBOXのイラスト配布記事に利用規約を作成して、S氏へ直接リプライで「ここ読んどけよ、加工すんなよ!」とURLを送った。実際はもっと柔らかい伝え方をしたはずだ。たぶん。そしてすんなりと了承して貰ったと思う。

規約が出来たのは、まさしくS氏のおかげだ。

運営の反応

直接の利害が絡むものではないため、半年前の神戸かわさき事変(トレパク合成グッズ事件参照)の時と違って特に無し。お天気botに徹してスルーを決め込んでいる。(今後反応するかは不明だが出しうるコメントは注意喚起系以外にないと思われ、これまでの姿勢を考慮すれば発信は行われないか)

しかし、事件の発端を考えると20冬イベでの引退者続出(いわゆる「ラムダショック」)に代表されるブラゲの環境悪化で界隈が殺伐としていることや、事あるごとに「海外からの攻撃的接続」を持ち出して排外主義を煽っているようにも取れる姿勢が遠因とも考えられるため、他作品でファンに呼びかけられるマナー啓発を怠って来た代償が高く付いたと言わざるを得ない。

本件と艦これとの関係

この騒動の話題が取り上げられる各所では、大体艦これと紐付けて発信されている。

それに対して【一部の人達】は艦これは無関係であるとして艦これの名称を事件から消そうと躍起になっている。

さらには主犯たるさぶれ君を差し置いて拡散者に責任をなすりつけようとする動きも見られる。

【ソースコードの持ち出しとGitHubへのアップロード】については完全にさぶれ君個人の問題であり、その点では確かに艦これは全く関係ないのだが、発端と、発覚に至る経緯は完全に艦これ界隈内のみに限定される問題であるため、事件の経緯説明をきちんと行おうとすればするほど艦これの名称を回避することは不可能となるのだ。

以下に示すように何もかも【艦これユーザーさん】によるものとなっている。(ゲシュタルト崩壊注意)

【艦これユーザーさん】のヘイト発言に端を発し
【艦これユーザーさん】がそれを咎め
さらに【艦これユーザーさん】間での口論に発展し
面白発言を繰り返す過程で問題を発掘したのも【艦これユーザーさん】で
それを拡散したのも【艦これユーザーさん】なのだ。

登場人物は次のようになる

流出させたのは【艦これユーザーさん】(運営に擁護的:現役ユーザー)
発掘したのも【艦これユーザーさん】(運営に批判的:現役ユーザー)
拡散したのも【艦これユーザーさん】(運営に物申す系:現役ユーザー)
記事にしたITジャーナリストも【艦これユーザーさん】(現役ユーザー) 

以上のように完全に【艦これ界隈】の内で完結しており外部勢力の入り込む余地は全く存在しないため艦これなくして本件の流れは正確に説明できない

そもそも以前から本サイト各所で指摘もある通り、前項にもあるが艦これは界隈自体に大変な問題があり自浄作用が非常に働きにくい。

題材も相まって【日本軍age】【日本すごい系】であり保守系(オブラート)の人間が集まりやすい。

本件から艦これを知った方はご存じないだろうが、艦これ擁護派には明らかにその傾向があり、日頃から通常の発信はもちろん、競合中華アプリなどへのヘイトは後を絶たない状況である。

実際本件のさぶれ氏もやはりヘイトが発端となっているし、口論の元も運営の無理筋擁護から発したものである。

ヘイトについての余談では、艦これに参加している主要イラストレーターの一人が過去に中韓ヘイトによって他所での仕事を失った事例もある。


つまり本件発覚の【経緯】については【界隈の集大成】であると言えるためそこから【艦これ】を除外するのは難しい。


ちなみに拡散者に責任をなすりつけようとする動きだが、これも無理な話である、

初期段階では本物であると確定していないにもかかわらず、後の拡散者でさえ【これはやばい】とさぶれ本人に直接意見しているのだ。

それに対してさぶれ君は【大したことではない】と全く取り合わなかった。

拡散者は界隈の有名人であるため一挙手一投足は常に衆人環視のもとにあり、流出者本人が閉めようとしない開けっ放しの扉の前ではもはや穏便に収束する道はなかったと言えるだろう。

拡張作戦

生放送主の住所暴露事件

詳細は21冬~春で。

本件について各所で騒がれている中、某生放送主・もとい拡散者(意味深)が【地獄】を覗き込むツアー放送を開催した。

その地獄内に拡散者を特定する個人情報を艦これ速報・および生放送中に艦これの名を汚したとして逆ギレ投稿した者がいたいろいろ間違ってる気がするんだけど

その際拡散者が反撃の構えを見せると即座に戦意を喪失し謝罪風逃亡戦、戦線離脱を図り事態は瞬く間に終息した。

なおその住所の出所はかって恒心教徒がアズアニ叩きをしていたその生主に対し、報復措置としてけんました情報である。

実況荒らし殺害予告事件

下記の記事も参照のこと。

本件について各所で騒がれている中、2月3日の夜から朝方にかけてアズールレーン関連のスレに「トンカチで殴り殺す」等のこの記事内容とかぶる殺害と爆破予告が頻繁に書き込まれていたが即座に停止・逮捕されていたのが発覚した事件。

さらに芸能ニュースからも頻繁に殺害予告野郎と言われている悪名高い半コテで、去年12月から10の掲示板に100件以上もの爆破予告や殺害予告を書き込んだという筋金入りの荒らしでもある事が判り住人を驚愕させた。

因みに容疑者は三鷹市という事もあってヘアプア模倣犯の疑惑もあり、こいつの逮捕によって荒らしが激減したことも踏まえると艦これ以外にも広範囲に荒らしていたものと思われる。

作戦参加艦艇

本件の一連騒動もとい作戦に関わった艦は以下の通り

さぶれ型一番艦 さぶれ

職業:プログラマー
年収:300万円
借金:若干
母港:横須賀
司令部:https://twitter.com/sabure320
艦歴:主作戦のメガバンクソースコード流出事件により世間を震撼させIT業界を混乱に陥れ、トレンドも制圧するなど輝かしい戦果を記録したが、耐久力はあるものの防御を捨てた設 計により致命傷を受け横須賀の海に沈む。
さぶれ型二番艦 画伯
職業:不明
年収:不明
借金:不明
母港:不明
司令部:https://twitter.com/gahaku1220
艦歴:一番艦の戦果に続けとばかりに拡張作戦にて本件拡散者・生主の個人情報暴露を試みるも、やはり一番艦譲りの防御を捨てた設計が災いし反撃を受け逃走。
さぶれ型三番艦 SUM容疑者
職業:システムエンジニア
年収:不明
借金:不明
母港:東京
司令部:三鷹市
艦歴:一・二番艦の戦果に便乗しアフィまとめ経由にてアズレン関連の殺害予告を試みる海賊艦であるも
度を超えた条約違反により最強艦・ポリスメン出動より一番艦譲り以上の防御を捨てた特攻機並の装甲が災いし警察コラボもとい逮捕されてしまった。
さぶれ型四番艦 命名未定(計画艦)
設計中 するな

※というか戦闘艦艇なのに防御捨てるとかさぶれ型はお笑い担当ですか?


さぶれ君のその後

事件から3ヶ月ほどが過ぎた5月9日、以前から生存信号が見られていたさぶれ君が完全復活していることが確認された。

https://gyazo.com/f12664a98f7a13f0f063ba3ccb89fed8.png

https://gyazo.com/3170f36de3e7407c51f359e10a1bf5af.png

https://i.imgur.com/RYe2c6F.jpg

示談金発生とアカウント削除

翌5月10日、示談金として700万円の支払いが発生した事を本人が明かした。

https://pbs.twimg.com/media/E0-pmzSUcAALLZq.jpg

彼の年収2年分以上が吹き飛ぶ結果となり、授業料としては高くついたと言えるだろう。

あくまで本人の自己申告である点に注意が必要だが、これをそうホイホイと書き込む辺り、あまり反省してなさそう

守秘義務違反ではなく窃盗罪とのこと。

外部にもまとめができているのでこちらもご覧いただきたい。

https://matomame.jp/user/yonepo665/dcd9f13cf02563bda3ce

これに関して、【広義の艦これ】提唱者である小岡賢治氏が見解を述べている。

https://twitter.com/kenjikooka/status/1391642934257217537

https://twitter.com/kenjikooka/status/1391644089917972481

https://twitter.com/kenjikooka/status/1391644360081432578

https://twitter.com/kenjikooka/status/1391644865146933250

さぶれ氏は守秘義務違反には問えないため窃盗罪となったと明かしているが、ソースコード自体は窃盗の対象にもならないため弁護士を立てていればずっと減額できていたであろうと推測している。

損害賠償が発生したにも関わらず、前述のように自身のやらかしが周知されるきっかけとなったきぃのんに対して幼稚なクソリプを送りつけ、さらに様々な情報を暴露しており、まるで反省の色が見られないどころか悪化さえしているように見える。

このように復活して調子に乗っていたさぶれ君だが、度が過ぎたためか先方から怒られたことを明かした。(「呟くな」と言われたことを呟くコント。駄目だこいつ、早くなんとかしないと・・・)

https://twitter.com/remote_rabbit/status/1391588011482128385

この時点ではまだ事件以外の事についてはペラペラ喋るつもりであったと思われるが、それから数時間後にアカウントを削除したことが確認された。

Twitterのアカウントは削除から30日以内であれば復旧できるため、1ヶ月以内に戻ってくるのか、あるいはこのまま消滅(別アカウントへの転生?)してしまうのかが注目されていたが、結局このアカウントが復旧されることはなかった。

さぶれ君の転生を確認できた方の追記をお待ちしています。

さぶれ氏、入門書の題材になる

git入門本の【わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 改訂2版】に本件を基にした注意漫画が掲載されていることがわかった。

https://twitter.com/tameguro/status/1405159982622920706

作者も事件当時コメントしている。

https://twitter.com/llminatoll/status/1355004890506903554

さぶれ氏の700万円の足しにするため【ギャラ】の支払いが待たれる。

脚注・出典