みたいな!

提供:kancolleguti2ch
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンプティークから追い出されたC2機関が編集、角川アーキテクチャが不定期で発行している同人誌機関誌『みたいな!』のまとめ。

概要

KADOKAWA(角川書店ブランド)発行の月刊誌『コンプティーク』では2013年秋から永きに渡って艦これ特集が掲載され続けてきたのだが、2021年11月に突如連載が停止。その後、従来はコンプ誌上で連載されていたインタビューやイベントまとめなどの内容をそっくりそのまま移動させ、漫画や小説などで水増しした上で角川アーキテクチャから発行された機関誌が本誌である。

  • そのため、従来は毎年4月末から5月中旬に『ファミ通』(KADOKAWA Game Linkage)との二本立てで行っていた「◯周年記念」特集が大幅に縮小する事態となっている。

ちなみに本商品(に限らず角川アーキテクチャの全発行物)にはJANコードが付与されているが、雑誌コードを取得していないばかりかムック扱いのISBNコードもないことから、厳密には書籍ではなくグッズに分類される[1]。また、生が大事だからなのか電子版は刊行されていない。

そのため書泉(親会社のアニメイトから仕入れ)などごく一部の例外はあるものの一般の書店では購入不可能であり、アニメイトおよびゲーマーズ、とらのあな、メロンブックス他のキャラクターグッズ専門店で販売されている。カドカワオンラインストアの登録カテゴリも書籍ではなく「文具・その他グッズ」である。公式サイトは開設されておらず、コンプの増刊と言う訳でもないため同誌のサイトにも既刊の情報は一切載っていない。𝕏(旧Twitter)アカウントのみが僅かな情報発信源となっている。

主な掲載内容

「艦隊これくしょん -艦これ-」特集

コンプティークで連載されていた艦これ特集をそのまま移植したもの。
艦これ芸無のイベントの先行情報や新規艦娘のデザイン&着せ替えmodeの描き下ろし、艦王に対する【濃厚で】【素敵な】インタブゥが掲載されている。
最近のインタブゥはインタビュアーも艦王なんじゃないかともっぱらの噂。

スパイスしたいな。

「漫画:藤真拓哉/原作:田中謙介」が連載している漫画。艦これとは一切関係がない。
C2機関の看板娘の顔面をそのまま流用したキャラが主人公であり、艦王語録がふんだんに盛り込まれた読ませる気の無い長文台詞が特徴らしい。vol.4以降は休載が続いており、打ち切り説も囁かれる。

詳しくはコミック・ノベルにて。

らき☆すた

「みたいな!Vol.3」から掲載が始まった、かつてニコニコ動画の一斉を風靡した4コマ漫画。
スピンオフ漫画の「こなた30」も「漫画:本郷はるき/原作:美水かがみ」で同誌に掲載されている。

コンタクティー・ケース・セブン

「著:井上伸一郎/挿絵:益子リョウヘイ」が連載している小説。vol5現在まで連載している中では唯一の皆勤賞。
連載までに至った経緯はマチ★アソビの講演レポ[2]に書かれているが艦王の方から持ちかけたとのこと
物量は講演内でみたいな!をムックと認識していますが実際はグッズです…

各号における主な話題

(作成中)

Vol.1

発売日:2021年12月24日・税込価格1920円。

  • 表紙は若木民喜の『JKモデラーズガイド』(プラモデルが題材の漫画らしいが詳細不明)。【W表紙】としてコニシ画の瑞鳳
  • 艦王原作、藤真拓哉作画の『スパイスしたいな』が看板連載扱い

Vol.2

発売日:2022年6月10日・税込価格2200円。
前号から約5ヶ月半。

  • 表紙は藤真拓哉で『スパイスしたいな』。【W表紙】はコニシ画の榛名

Vol.3

発売日2022年11月18日・税込価格2200円。
前号から約5ヶ月。

  • 表紙は福田宏の『気づいてほしいな!』(読み切り作品。表紙絵だけでは百合モノかといったくらいで詳細不明)。【W表紙】にコニシ画の鈴谷
  • コンプティークV字回復の立役者とされながらも長年不定期掲載扱いだった美水かがみ『らき⭐︎すた』が連載20周年を前に移籍して来る
  • 唐突に『機動戦士ガンダム 水星の魔女』や『SPY×FAMILY』他のアニメ記事を掲載(Newtypeからのおこぼれ、ないしは同誌が載せる気の無いアニメ記事が回って来た?)

Vol.4

発売日2023年7月27日・税込価格2200円。
前号から約8ヶ月。

  • 表紙はコニシ画の『艦これ』由良。【W表紙】はイチソ画の時雨と吹雪
  • 思い付きで始めた感バリバリの読者参加企画(?)『野球用具店の娘』連載開始
  • 『スパイスしたいな』休載

Vol.5

発売日2024年2月14日・税込価格2640円。
前号から約7ヶ月。

  • 表紙はコニシ画の『艦これ』金剛。劣化し過ぎて信者の間でも不評。
    【W表紙】は【『艦これ』×『らき☆すた』星灯りコラボイラスト】として星灯りによるらき☆すたキャラらしき4人。
    本イラストについては別のグッズの説明にて【稲木・鵜来・伊203・伊47 mode】と称しているので「らき☆すたキャラコスプレをしている」という建前なのだろうが、頭のパーツを移植しただけ[3]で丸出し[4]・目の色がらき☆すたキャラと違ってむしろ艦娘の方とは一致している[5]など、パッと見で「艦娘がらき☆すたキャラコスプレをしている」【らき☆すたmode】といった見た目をしている。
  • 前号に続き『スパイスしたいな』は休載

Vol.6(仮置き)

2024年5月28日発売予定・税込価格2200円。
前号から約3ヵ月半。

  • 表紙は美水かがみ画(多分)の『らき☆すた』こなた&かがみ。
    前号の連載20周年巻頭特集に続いて、今回も~記念特集と銘打って【こうだん☆さくせん】と艦これに寄せてきた。まあ元々パロの多い作品ではあるけど
  • W表紙でしばふ画の【公式「蒼龍」こなたmode&「加賀」さん かがみmode】らしい。
    「艦これキャラがらき☆すたキャラに扮している」らしいが前回vol.5と比べて頭髪の色すらも寄せなくなった
    なお、vol.5にて「【稲木・鵜来・伊203・伊47 mode】としておきながら艦これキャラがらき☆すたキャラに扮していた」事に順ずるなら、「【「艦これのキャラ」らき☆すたのキャラ名mode】としている今回はらき☆すたキャラが艦これキャラに扮している」という事になるが、この場合でもどう見てもらき☆すたキャラでもそれが艦これキャラのコスプレした姿でもないので違う。
    いずれにせよ激しい自己主張の下に行われた手抜きである。ちなみに、何故か飛行甲板がくそげの立ち絵とは逆側についていたり、蒼龍の飛行甲板のデザインが違う[6]など艦これキャラとしてもにわかである。【公式】とは。
  • 表紙にはそれ以外にも、【Title PickUP】として【艦これ11周年先行特集】【次号Vol.7で表紙&巻頭特集】とか書かれている。不定期刊行のグッズの予定が出来ているらしい。
  • 『スパイスしたいな』は商品情報ページにすら載っていない。【やはり】Vol.4時点で打ち切られていたのかもしれない。

備考

vol.1から休載の無い漫画作品はvol.5で単行本1冊相当の分量になったと思われるが、現時点ではコミックスが発売される気配は無い。仮に発売される場合でも、角川アーキテクチャ発売でISBNが無く一般の書店で買えない新規の専用レーベルを立ち上げるのか、カドカワコミックス・エース等のKADOKAWAの既存レーベルへ編入するのかは全く見当も付かない状態である。これは物量の小説が角川スニーカー文庫や角川書店ブランドのノベルズ判で刊行されるかについても同様。

脚注・出典

  1. 国会図書館への納本義務は書籍と雑誌にのみあるため角川アーキテクチャには本商品を納本する義務はないが、かつて神戸かわさき事変で艦王をムガらせて怒りのホウテキソチッ直撃を受けた被告Bは自作同人誌(訴えられる原因になったのとは別の本)を自主的に納本していたので「被告Bがちゃんとやったことを怠けている」と嘲笑されるのは致し方無し
  2. https://gigazine.net/news/20221213-fss-machiasobi25/
  3. なので特徴的なパーツが薄い2体は判別がつかない・無理繰りくっつけたので変な見た目をしているなどしている
  4. むしろこれが無いと個性が消失・判別不能になる可能性あり
  5. こなた:緑、稲木:茶・かがみ:群青寄りの青、伊203:水色系・つかさ:紫寄りの青、鵜来:茶寄りの黄色系・みゆき:紫系、伊47:緑系。
    カラコン入れたんだろ情弱アンチがよwwwという苦情は受け付けなくもない
  6. 改二準拠だがなんか色々縮尺や装着方法も違うなど、くそげの立ち絵に準拠していない。加賀も改二準拠だがこちらは見える範囲での相違点は飛行甲板が逆腕側にある事くらいで、デザインそのものはくそげの立ち絵に準拠している