「出演者以外の声優等」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(3人の利用者による、間の22版が非表示)
24行目: 24行目:
**'''アビホラ''':陸奥★、龍驤★
**'''アビホラ''':陸奥★、龍驤★
**'''パズガル''':ピークォド
**'''パズガル''':ピークォド
*ムガ度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>


アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にハグロ役で出演。ドルフロではKS-23役。また、擬人化ではないがはいふりにミーナ(アドミラル・グラーフ・シュペー副長)役で出演している。
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にハグロ役で出演。ドルフロではKS-23役。また、擬人化ではないがはいふりにミーナ(アドミラル・グラーフ・シュペー副長)役で出演している。
30行目: 30行目:
====石川由依====
====石川由依====
*出演作品・艦船
*出演作品・艦船
**'''アズレン''':エンタープライズ/小
**'''アズレン''':エンタープライズ/小/※META<br/>※現時点でのMETAの声当てはアニメのみ、ゲームには未実装
**'''ソノミラ''':ビスマルク★<br/>※戦少R本編では福原綾香
**'''ソノミラ''':ビスマルク★<br/>※戦少R本編では福原綾香
**'''蒼藍''':吹雪★、カールスルーエ
**'''蒼藍''':吹雪★、カールスルーエ
**'''ブラサジ''':アトランタ★
**'''ブラサジ''':アトランタ★
**'''パズガル''':タシュケント★
**'''パズガル''':タシュケント★、ウィンド・オブ・イサカ
**'''ヴェルコ''':大鳳★、レキシントン
**'''ヴェルコ''':大鳳★、レキシントン
**'''【複合】カタアム''':九江、ナルヴィク
**'''【複合】カタアム''':九江、ナルヴィク
*ムガ度:<span style="font-size:2em; color:#990000;">'''殿堂入り'''</span>
*被害度:<span style="font-size:2em; color:#990000;">'''殿堂入り'''</span>


※'''''[[声優脅迫事件]]も参照'''''
※'''''[[声優脅迫事件]]も参照'''''
89行目: 89行目:
*被害度:<span style="font-size:1.5em; color:#ff9900;">'''大'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.5em; color:#ff9900;">'''大'''</span>


声優の他、ラジオや京急等の駅アナウンスも担当している。<ref group="注釈">更に偶然か必然か、同氏が担当した三笠が保存されている三笠公園へのアクセスの一つが京急の横須賀中央駅である</ref><br/>とりわけアズレンで三笠を演じて以降はヘイトが急上昇しており、ふたばでは三笠に関わるレスが出ると即時削除されるほどのムガり様であった。
声優の他、ラジオや京急等の駅アナウンスも担当している。<ref>更に偶然か必然か、同氏が担当した三笠が保存されている三笠公園へのアクセスの一つが京急の横須賀中央駅である</ref><br/>とりわけアズレンで三笠を演じて以降はヘイトが急上昇しており、ふたばでは三笠に関わるレスが出ると即時削除されるほどのムガり様であった。


アークナイツではツキノギ役で出演。
アークナイツではツキノギ役で出演。
96行目: 96行目:
*出演作品・艦船
*出演作品・艦船
**'''戦少R''':ロドニー、ネバダ、雪風★
**'''戦少R''':ロドニー、ネバダ、雪風★
**'''最ラブ''':大和★、エンタープライズ、ル・ファンタスク、ザラ★、アンナ(九尾狐)<ref group="注釈">韓国版のデザインコンテストを初出とする架空艦。</ref>
**'''最ラブ''':大和★、エンタープライズ、ル・ファンタスク、ザラ★、アンナ(九尾狐)<ref>韓国版のデザインコンテストを初出とする架空艦。</ref>
***海外版:ウィリアム・D・ポーター
***海外版:ウィリアム・D・ポーター
**'''アズレン''':ユニコーン、エクセター、高雄★、''<span style="color:#006000;">ルルティエ''</span>(『うたわれるもの』コラボ)
**'''アズレン''':ユニコーン、エクセター、高雄★、''<span style="color:#006000;">ルルティエ''</span>(『うたわれるもの』コラボ)
102行目: 102行目:
**'''蒼藍''':ウィチタ、綾波★
**'''蒼藍''':ウィチタ、綾波★
**'''【複合】あく戦''':長門★、陸奥★
**'''【複合】あく戦''':長門★、陸奥★
*ムガ度:<span style="font-size:1.75em; color:#ff0000;">'''特大'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.75em; color:#ff0000;">'''特大'''</span>


アズレン日本版で初期の全プレ対象になっていたユニコーン役で全国のお兄ちゃんたちをKOし、ロケットスタートに大きく貢献したことが評価されてラジオ番組のパーソナリティに抜擢された。そうした経緯で名実共にアズレンの顔となっているため、艦豚から付け狙われている(アズレンの人気が出始めた頃にユニコーン虐待ネタを流行らせようとした動きも艦豚の関与が疑われている。また、ラジオ番組にも豚どもの誹謗中傷めいたコメントが観測されている。)。
アズレン日本版で初期の全プレ対象になっていたユニコーン役で全国のお兄ちゃんたちをKOし、ロケットスタートに大きく貢献したことが評価されてラジオ番組のパーソナリティに抜擢された。そうした経緯で名実共にアズレンの顔となっているため、艦豚から付け狙われている(アズレンの人気が出始めた頃にユニコーン虐待ネタを流行らせようとした動きも艦豚の関与が疑われている。また、ラジオ番組にも豚どもの誹謗中傷めいたコメントが観測されている。)。


萌えミリ系との関わりは意外に長く、艦これの前年にスタートしたブラしずでは富嶽やスピットファイアなど軍用機擬人化キャラで出演しており、アニメ『ブレイブウィッチーズ』では主人公の雁淵ひかり役に抜擢された。同作に限らず『天城ブリリアントパーク』の千斗いすず役など、角川系のアニメでも頻繁に起用されている。アズレンに限らず[[他艦船擬人化ゲー]]全般での出演機会も多く、陸海空複合型で既にサービス終了しているあくしず戦姫では長門と陸奥役に起用されていた。<br/>しかし、艦これにキャスティングされる可能性はほぼ無い<ref group="注釈">それに加え、加隈が所属するマウスプロモーションの声優が艦これに出演した前例は無い。</ref>ため、別のタイトルが出ない限り艦船擬人化単独で上坂すみれの記録に並ぶ可能性は非常に低い。<br/>また、アズレンではユニコーンのキャラソン「My night」が作られているが、その編曲者は[[艦王ソング]]の1曲「加賀岬」と同じ若林タカツグである。
萌えミリ系との関わりは意外に長く、艦これの前年にスタートしたブラしずでは富嶽やスピットファイアなど軍用機擬人化キャラで出演しており、アニメ『ブレイブウィッチーズ』では主人公の雁淵ひかり役に抜擢された。同作に限らず『天城ブリリアントパーク』の千斗いすず役など、角川系のアニメでも頻繁に起用されている。アズレンに限らず[[他艦船擬人化ゲー]]全般での出演機会も多く、陸海空複合型で既にサービス終了しているあくしず戦姫では長門と陸奥役に起用されていた。<br/>しかし、艦これにキャスティングされる可能性はほぼ無い<ref>それに加え、加隈が所属するマウスプロモーションの声優が艦これに出演した前例は無い。</ref>ため、別のタイトルが出ない限り艦船擬人化単独で上坂すみれの記録に並ぶ可能性は非常に低い。<br/>また、アズレンではユニコーンのキャラソン「My night」が作られているが、その編曲者は[[艦王ソング]]の1曲「加賀岬」と同じ若林タカツグである。


ドルフロでは一〇〇式、VSK-94役、アークナイツではフランカ、フロストリーフ役で出演。
ドルフロでは一〇〇式、VSK-94役、アークナイツではフランカ、フロストリーフ役で出演。
116行目: 116行目:
**'''守護プロ''':キーロフ
**'''守護プロ''':キーロフ
**'''蒼藍''':加賀★、ヨークタウン、クリーブランド
**'''蒼藍''':加賀★、ヨークタウン、クリーブランド
***'''オスガル''':翔鶴★、フッド※<br />※ 蒼藍の誓いでは翔鶴は大森日雅、フッドは高野麻里佳


*ムガ度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
艦これには出演していないが、アズレンで艦豚たちを嫉妬の嵐に巻き込んだ三笠のお披露目イベント「軍神の帰還」から登場した比叡役に抜擢される。<br/>艦これの比叡(CV:東山奈央)は[[戦艦]]の比叡の項目を読めば分かる通り、艦王と艦豚によって凄まじいヨゴレキャラへと貶められている。一方アズレンの比叡は、「御召艦」という側面を公式もしっかりと尊重していることから「ヨゴレ」と化した艦これ比叡を完全に浄化してしまった。<br/>こうした経緯から、必然的にCVを充てた喜多村へのヘイトも高い。
艦これには出演していないが、アズレンで艦豚たちを嫉妬の嵐に巻き込んだ三笠のお披露目イベント「軍神の帰還」から登場した比叡役に抜擢される。<br/>艦これの比叡(CV:東山奈央)は[[戦艦]]の比叡の項目を読めば分かる通り、艦王と艦豚によって凄まじいヨゴレキャラへと貶められている。一方アズレンの比叡は、「御召艦」という側面を公式もしっかりと尊重していることから「ヨゴレ」と化した艦これ比叡を完全に浄化してしまった。<br/>こうした経緯から、必然的にCVを充てた喜多村へのヘイトも高い。


124行目: 125行目:
====釘宮理恵====
====釘宮理恵====
*出演作品・艦船
*出演作品・艦船
**'''アズレン''':フォーミダブル、ヴァンパイア
**'''アズレン''':フォーミダブル、ヴァンパイア、''<span style="color:#006000;">水瀬伊織''</span>(『アイドルマスター』コラボ)
**'''蒼藍''':ヒーアマン、サヴェージ
**'''蒼藍''':ヒーアマン、サヴェージ
**'''ブラサジ''':不知火★
**'''ブラサジ''':不知火★


*ムガ度:<span style="font-size:1.75em; color:#ff0000;">'''特大'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.75em; color:#ff0000;">'''特大'''</span>
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にムサシ役で出演。<br/>大陸産の艦船擬人化ゲーではアズレンが初めて起用して多大なインパクトを引き起こしたが、釘宮自身「声を聞いたファンが失神する」などのエピソードがあるほど中華圏で極めて高い人気を誇っているため([[用語集/艦娘中文]]の「釘宮病毒」も参照)、アルペジオの繋がりがなかったとしてもいずれは起用するつもりだったと思われる。当然ながら艦豚からのヘイトも極めて高い。
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にムサシ役で出演。<br/>大陸産の艦船擬人化ゲーではアズレンが初めて起用して多大なインパクトを引き起こしたが、釘宮自身「声を聞いたファンが失神する」などのエピソードがあるほど中華圏で極めて高い人気を誇っているため([[用語集/艦娘中文]]の「釘宮病毒」も参照)、アルペジオの繋がりがなかったとしてもいずれは起用するつもりだったと思われる。当然ながら艦豚からのヘイトも極めて高い。


134行目: 135行目:


ドルフロではGr G41役で出演。
ドルフロではGr G41役で出演。
====小清水亜美====
*出演作品・艦船
**'''戦少R''':アメジスト、プリンス・オブ・ウェールズ、摩耶★
**'''最ラブ'''(日本版):武蔵★、''<span style="color:#006000;">不知火舞''</span>(『KOF』コラボ)
**'''アズレン''':扶桑★/META、山城★/META
**'''蒼藍''':ウォースパイト★、ポートランド、インディアナポリス
**'''ブラサジ''':<span style="color:#ff6e00;">赤城</span>★
**'''パズガル''':<span style="color:#ff6e00;">赤城</span>★、<span style="color:#ff6e00;">プリンツ・オイゲン</span>★
**'''ヴェルコ''':加賀★、ワシントン★、<span style="color:#ff6e00;">プリンツ・オイゲン</span>★
**'''【参考】鋼鉄少女''':<span style="color:#ff6e00;">赤城</span>★、高雄★、磯風★
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
艦これ開始以前から、じじがキャラデザした『MC⭐︎あくしず』のマスコット姉妹の片割れである'''シャル'''(ドイツの巡洋戦艦シャルンホルストがベース)をドラマCDで演じていた。
[[他艦船擬人化ゲー]]のみで艦これに出演歴が無い声優としては最多となる7タイトルに名を連ねており、いずれも艦これ出演歴有りの小倉唯および本渡楓と同率2位、かつ複数タイトルで赤城とプリンツ・オイゲンを演じており、特に前者は唯一となる3タイトル横断達成していることが特筆される。アズレンでは扶桑型2隻を演じており、特に山城は着せ替えの多さやグッズの作成面で優遇されているが、艦これとの接点が非常に希薄なためかそれほど激しい攻撃は受けていない。
ドルフロではG36とMG5、アークナイツではズィマーとレッド、ファイナルギアではタイシア・グラフト役で出演。


====椎名へきる====
====椎名へきる====
*出演作品・艦船
*出演作品・艦船
**'''アズレン''':メンフィス
**'''アズレン''':メンフィス/META
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>


171行目: 189行目:
**'''蒼藍''':アラバマ、ホーエル
**'''蒼藍''':アラバマ、ホーエル
**'''ブラサジ''':アケロン
**'''ブラサジ''':アケロン
**'''ヴェルコ''':陸奥★
**'''ヴェルコ''':陸奥★、Z1★
*ムガ度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>


「なのは完売」で有名な『魔法少女リリカルなのは』シリーズの高町なのは役を始め、2000年代に一世を風靡したレジェンド声優。「王国民」と呼ばれる熱心なファンが多数いることでも知られる。
「なのは完売」で有名な『魔法少女リリカルなのは』シリーズの高町なのは役を始め、2000年代に一世を風靡したレジェンド声優。「王国民」と呼ばれる熱心なファンが多数いることでも知られる。
199行目: 217行目:
====津田美波====
====津田美波====
*出演作品・艦船
*出演作品・艦船
**'''アズレン''':ヴィンセンス、クインシー、''<span style="color:#006000;">みさき''</span>(『DOAXVV』コラボ)
**'''アズレン''':ヴィンセンス、クインシー、ザイドリッツ、''<span style="color:#006000;">みさき''</span>(『DOAXVV』コラボ)
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にクルーの四月一日いおり役で出演し(ドラマCDでは豊崎愛生)、本放送11話のエンドカードでは同僚の八月一日静とのコンビで明石や大淀と共演していた。その後アズレンに出演したため「アズレンはアルペジオの出演声優を積極的に採用する」パターンの先例となっている。
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にクルーの四月一日いおり役で出演し(ドラマCDでは豊崎愛生)、本放送11話のエンドカードでは同僚の八月一日静とのコンビで明石や大淀と共演していた。その後アズレンに出演したため「アズレンはアルペジオの出演声優を積極的に採用する」パターンの先例となっている。
209行目: 227行目:
**'''戦少R''':ライオン(戦艦)<br/>※ ソノミラでは名塚佳織
**'''戦少R''':ライオン(戦艦)<br/>※ ソノミラでは名塚佳織
**'''アズレン''':赤城★/小/μ
**'''アズレン''':赤城★/小/μ
**'''パズガル''':グナイゼナウ
*被害度:<span style="font-size:1.75em; color:#ff0000;">'''特大'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.75em; color:#ff0000;">'''特大'''</span>


247行目: 266行目:
**'''戦少R''':<span style="color:#ff6e00;">ビスマルク</span>★※、飛鷹★<br/>※ソノミラでは石川由依
**'''戦少R''':<span style="color:#ff6e00;">ビスマルク</span>★※、飛鷹★<br/>※ソノミラでは石川由依
***'''ソノミラ''':信濃
***'''ソノミラ''':信濃
**'''アズレン''':<span style="color:#ff6e00;">ビスマルク</span>★、シャルンホルスト、U-556
**'''アズレン''':<span style="color:#ff6e00;">ビスマルク</span>★、シャルンホルスト/META、U-556
**'''ブラサジ''':ノーフォーク
**'''ブラサジ''':ノーフォーク
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
268行目: 287行目:
**'''アズレン''':<span style="color:#006000;">''なみこ''</span>(『SSSS.GRIDMAN』・『SSSS.DYNAZENON』コラボ)
**'''アズレン''':<span style="color:#006000;">''なみこ''</span>(『SSSS.GRIDMAN』・『SSSS.DYNAZENON』コラボ)
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にアシガラ役で出演。[[他艦船擬人化ゲー]]には長らく出演することがなかったが、アズレンの『SSSS.GRIDMAN』『SSSS.DYNAZENON』コラボでついに出演することが発表された。<br/>ドルフロでは92式、M1A1役で出演している。
アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』にアシガラ役で出演。[[他艦船擬人化ゲー]]には長らく出演することがなかったが、アズレンの『SSSS.GRIDMAN』『SSSS.DYNAZENON』コラボでついに出演することが発表された。<br/>ドルフロでは92式、M1A1役、アークナイツではファートゥース役で出演している。


なお艦これとは一切無関係ながら2015年に脅迫被害を受けたことがあり(犯人は逮捕されている)、5年後の2020年6月にはには所属事務所のブシロードムーブ(響)が'''所属声優に迷惑行為が続く場合は然るべき対応を取る'''との声明を出している。間違いなく後述の[[声優脅迫事件]]がきっかけだと思われるが、翌月にも出演予定だったイベントの会場に脅迫文が送り付けられて中止に追い込まれる事態へエスカレートしている。
なお艦これとは一切無関係ながら2015年に脅迫被害を受けたことがあり(犯人は逮捕されている)、5年後の2020年6月にはには所属事務所のブシロードムーブ(響)が'''所属声優に迷惑行為が続く場合は然るべき対応を取る'''との声明を出している。間違いなく後述の[[声優脅迫事件]]がきっかけだと思われるが、翌月にも出演予定だったイベントの会場に脅迫文が送り付けられて中止に追い込まれる事態へエスカレートしている。
312行目: 331行目:
**'''戦少R''':サラトガ★
**'''戦少R''':サラトガ★
**'''アズレン''':ラングレー
**'''アズレン''':ラングレー
*ムガ度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.25em; color:#00ff00;">'''中'''</span>


代表作はデレマスの城ヶ崎美嘉役で、アズレンにラングレー役で出演している。<br/>艦これに出演したことは無いが、2019年末〜20年始の声優結婚ラッシュで埼玉西武ライオンズの選手と入籍したことを電撃発表した。そのためやきう民からの煽りを受け、更に『白猫プロジェクト』人気ヒロインが処女で無くなったとして厚揚げや石川割れ鳩筆頭に艦豚&処女厨からはラングレーと絡めて言いがかり同然の中傷に晒されている。最近でもドルスレにアンチスレを頻繁に立てられるなど、結婚したと言う一点を以て酷い扱いを受けている。
代表作はデレマスの城ヶ崎美嘉役で、アズレンにラングレー役で出演している。<br/>艦これに出演したことは無いが、2019年末〜20年始の声優結婚ラッシュで埼玉西武ライオンズの選手と入籍したことを電撃発表した。そのためやきう民からの煽りを受け、更に『白猫プロジェクト』人気ヒロインが処女で無くなったとして厚揚げや石川割れ鳩筆頭に艦豚&処女厨からはラングレーと絡めて言いがかり同然の中傷に晒されている。最近でもドルスレにアンチスレを頻繁に立てられるなど、結婚したと言う一点を以て酷い扱いを受けている。
320行目: 339行目:
==男性(声優が本業でない人物を含む)==
==男性(声優が本業でない人物を含む)==
艦船擬人化ジャンルのゲームで男性声優が出演したのは戦少Rの関智一がエセックスの肩に乗っているハクトウワシ「ベルマッキャン」役が最初で、プレイアブルキャラクターの役で起用された事例はコラボ等を含め今日に至るまで皆無である。(角川青羽が中国大陸でリリースし、半年で打ち切られた『戦艦養成計画』の前身で守護プロとの係争により敗訴して一旦開発中止となった『我的戦艦養成計画』では、大和など男性への擬人化がプレイアブルで含まれていた)<br/>
艦船擬人化ジャンルのゲームで男性声優が出演したのは戦少Rの関智一がエセックスの肩に乗っているハクトウワシ「ベルマッキャン」役が最初で、プレイアブルキャラクターの役で起用された事例はコラボ等を含め今日に至るまで皆無である。(角川青羽が中国大陸でリリースし、半年で打ち切られた『戦艦養成計画』の前身で守護プロとの係争により敗訴して一旦開発中止となった『我的戦艦養成計画』では、大和など男性への擬人化がプレイアブルで含まれていた)<br/>
また、艦これやアズレンのアニメでも提督や指揮官を初めとした男性キャラクターが登場することはない<ref group="注釈">それどころか女性も含め、一般市民や軍上層部といった艦船擬人化キャラ以外の登場人物が出てくることは皆無である。</ref>。数少ない例外としては、蒼藍でブルースフィア側の中央司令部に当たる「委員会」のメンバー(元素の名前を持ち、アイコンで表示される)複数名が男性のCVで登場しているが、キャストは公表されていない。その一方で艦船擬人化ではないが、ドルフロでは男性NPCがキャスト公開込みでボイス実装されている。
また、艦これやアズレンのアニメでも提督や指揮官を初めとした男性キャラクターが登場することはない<ref>それどころか女性も含め、一般市民や軍上層部といった艦船擬人化キャラ以外の登場人物が出てくることは皆無である。</ref>。数少ない例外としては、蒼藍でブルースフィア側の中央司令部に当たる「委員会」のメンバー(元素の名前を持ち、アイコンで表示される)複数名が男性のCVで登場しているが、キャストは公表されていない。その一方で艦船擬人化ではないが、ドルフロでは男性NPCがキャスト公開込みでボイス実装されている。


艦これの漫画化作品には一般人の男性が登場するものもあるが、単行本の初版限定で付録になったドラマCDなどはそれらの漫画と何ら関係の無い内容のため、やはり男性声優がキャスティングされたことは無い。<s>シナリオ書いたのけんちょんだしなぁ……</s>
艦これの漫画化作品には一般人の男性が登場するものもあるが、単行本の初版限定で付録になったドラマCDなどはそれらの漫画と何ら関係の無い内容のため、やはり男性声優がキャスティングされたことは無い。<s>シナリオ書いたのけんちょんだしなぁ……</s>
342行目: 361行目:
*出演作品
*出演作品
**'''【参考】主なキャスト''':ジェフ・ゴールドブラムやジャン=クロード・ヴァン・ダムの吹替など
**'''【参考】主なキャスト''':ジェフ・ゴールドブラムやジャン=クロード・ヴァン・ダムの吹替など
**'''【参考】アズレン''':''<span style="color:#006000;">高木順二郎''</span><ref group="注釈">アズレン✕アイマスコラボ開催告知動画で登場。</ref>
**'''【参考】アズレン''':''<span style="color:#006000;">高木順二郎''</span><ref>アズレン✕アイマスコラボ開催告知動画で登場。</ref>


====銀河万丈====
====銀河万丈====
372行目: 391行目:
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.1em; color:#00ffff;">'''小'''</span>
かつて艦これが唯一コラボした「蒼き鋼のアルペジオ」で主人公の千早群像を演じており、作品自体にムガっている艦王から目の敵にされている可能性がある。
かつて艦これが唯一コラボした「蒼き鋼のアルペジオ」で主人公の千早群像を演じており、作品自体にムガっている艦王から目の敵にされている可能性がある。
刀剣乱舞には蜂須賀虎徹役で出演。


====杉田智和====
====杉田智和====
393行目: 414行目:
**'''【参考】主なキャスト''':「Myself;Yourself」 日高佐菜、「メカクシティアクターズ」 カノなど
**'''【参考】主なキャスト''':「Myself;Yourself」 日高佐菜、「メカクシティアクターズ」 カノなど
**'''【参考】アズレン''':生放送のゲスト、「びそくぜんしんっ!」オーディオコメンタリー
**'''【参考】アズレン''':生放送のゲスト、「びそくぜんしんっ!」オーディオコメンタリー
*ムガ度:<span style="font-size:1.5em; color:#ff9900;">'''大'''</span>
*被害度:<span style="font-size:1.5em; color:#ff9900;">'''大'''</span>


ゲームに精通している声優。過去にデバッカーのアルバイトの経験があり、今は新事務所を立ち上げて自らCEOを務めている。
ゲームに精通している声優。過去にデバッカーのアルバイトの経験があり、今は新事務所を立ち上げて自らCEOを務めている。
401行目: 422行目:
このように艦これの仇敵たるアズレンに深く関わっているだけでも戦犯ものなのに、過去に<span style="text-decoration: underline;">声優業の合間を縫って深くやり込んだ上で</span>「艦これは運ゲーすぎてつまらない」という趣旨のことを言ったことがあるため、艦豚から目をつけられている可能性がある。<span style="color:#cccccc;">艦の国では【事実陳列罪】は重罪です微差栗</span>
このように艦これの仇敵たるアズレンに深く関わっているだけでも戦犯ものなのに、過去に<span style="text-decoration: underline;">声優業の合間を縫って深くやり込んだ上で</span>「艦これは運ゲーすぎてつまらない」という趣旨のことを言ったことがあるため、艦豚から目をつけられている可能性がある。<span style="color:#cccccc;">艦の国では【事実陳列罪】は重罪です微差栗</span>


刀剣乱舞には小竜景光役で出演。
刀剣乱舞には小竜景光役、アークナイツではシャレム役で出演。


===声優を本業としていない人物===
===声優を本業としていない人物===
425行目: 446行目:
本業はゲーム関連をメインとするフリーランスのライター・タレント。<br/>人気声優の杉田智和を始めとした交流をきっかけにネットラジオ出演・オタク向けイベントやネット番組のMCを精力的に行っており、2016年には映画『シン・ゴジラ』で端役ながら出演した事も話題となった。<br/>杉田の他に中村悠一とも親交があり、3人1組でアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』に出演するなどマルチに活躍している。
本業はゲーム関連をメインとするフリーランスのライター・タレント。<br/>人気声優の杉田智和を始めとした交流をきっかけにネットラジオ出演・オタク向けイベントやネット番組のMCを精力的に行っており、2016年には映画『シン・ゴジラ』で端役ながら出演した事も話題となった。<br/>杉田の他に中村悠一とも親交があり、3人1組でアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』に出演するなどマルチに活躍している。


巨体にスキンヘッドでサングラス(実はレンズの黒い眼鏡)というコワモテな外見ながら言動はキモオタそのもの<ref group="注釈">本人曰く「ムショのようだった全寮制の高校生活から解放された反動」との事</ref>というギャップから男女問わずオタクからの人気は高く、ソシャゲ・ブラゲのイベントや特別放送の司会やMC、プレゼンターとしての手腕に定評があるため、ジャンルを問わず頻繁に起用されているが、作品やコミュニティの縄張り意識が強いゲームオタクからはあまりの出演の多さから「節操が無い」「死の商人」と揶揄する者もおり、一定量のアンチも存在する。<s>ただ仕事受けてるだけだと思うんですけど</s><br/>
巨体にスキンヘッドでサングラス(実はレンズの黒い眼鏡)というコワモテな外見ながら言動はキモオタそのもの<ref>本人曰く「ムショのようだった全寮制の高校生活から解放された反動」との事</ref>というギャップから男女問わずオタクからの人気は高く、ソシャゲ・ブラゲのイベントや特別放送の司会やMC、プレゼンターとしての手腕に定評があるため、ジャンルを問わず頻繁に起用されているが、作品やコミュニティの縄張り意識が強いゲームオタクからはあまりの出演の多さから「節操が無い」「死の商人」と揶揄する者もおり、一定量のアンチも存在する。<s>ただ仕事受けてるだけだと思うんですけど</s><br/>
艦これ全盛期でも観艦式などのイベントには一切顔を出したことが無いが、これは元々ライターとして活動していたのが同じKADOKAWAでも本社(角川書店ブランド)でなく傍系の電撃やファミ通(現KADOKAWA Game Linkage)中心だったのが大きいと思われる。
艦これ全盛期でも観艦式などのイベントには一切顔を出したことが無いが、これは元々ライターとして活動していたのが同じKADOKAWAでも本社(角川書店ブランド)でなく傍系の電撃やファミ通(現KADOKAWA Game Linkage)中心だったのが大きいと思われる。


「反Yostar」の急先鋒と目されている4Gamer.netでコラムを連載中だが、そのYostarが2018年春にアズレンの公式生放送を直営にしてからは、ほぼ毎回レギュラーとして登場している。本人も「スケジュールが空いてるなら優先的に参加したい」と発言している。<br/>それだけならまだしも、アズレンアニメに関して「無意味な殺生やキャラ改変はやめてくれ」と暗に'''Z級アニメを揶揄したように取れる発言'''をしたからか、何故か無関係の艦豚どもから誹謗中傷に晒され、'''艦これスレやふたばの艦これ板、アズレン攻略wiki愚痴掲示板といった艦豚の巣窟で彼の名前を出したりスレを立てる事は半ばタブー扱いされている。'''<br/>そして「びそくぜんしんっ!」Blu-ray第2巻のオーディオコメンタリー後編に「ファンのお兄さん」として出演した。
「反Yostar」の急先鋒と目されている4Gamer.netでコラムを連載中だが、そのYostarが2018年春にアズレンの公式生放送を直営にしてからは、ほぼ毎回レギュラーとして登場している。本人も「スケジュールが空いてるなら優先的に参加したい」と発言している。<br/>それだけならまだしも、アズレンアニメに関して「無意味な殺生やキャラ改変はやめてくれ」と暗に'''Z級アニメを揶揄したように取れる発言'''をしたからか、何故か無関係の艦豚どもから誹謗中傷に晒され、'''艦これスレやふたばの艦これ板、アズレン攻略wiki愚痴掲示板といった艦豚の巣窟で彼の名前を出したりスレを立てる事は半ばタブー扱いされている。'''<br/>そして「びそくぜんしんっ!」Blu-ray第2巻のオーディオコメンタリー後編に「ファンのお兄さん」として出演した。


2020年4月からはセガ【ら】が大本営発表で“敵国”認定した蒼藍の生放送でもMCを務めているが、第1回(日本版スタート記念)の翌週には何事も無かったかのようにアズレンの生放送へ出演していた。<s>業界的にはよくあること</s><br/>この折に「残念だったなみんな、俺が出ないと思っただろ。'''アンチの連中ざまぁwww'''」と界隈の事情を把握しているとも取れる発言をしており、艦豚の凶悪性は業界に広く知れ渡っていることを伺わせる。<br/>さらに翌年はブラサジの生放送でもMCに起用され<s>武器の販路を3タイトルに拡大し</s>たが、それ以前から同じくBilibili運営の%%イチソが追放の憂き目を見たことでたまに話題となる%%ファイナルギアでも生放送の司会を務めている。
2020年4月からはセガ【ら】が大本営発表で“敵国”認定した蒼藍の生放送でもMCを務めているが、第1回(日本版スタート記念)の翌週には何事も無かったかのようにアズレンの生放送へ出演していた。<s>業界的にはよくあること</s><br/>この折に「残念だったなみんな、俺が出ないと思っただろ。'''アンチの連中ざまぁwww'''」と界隈の事情を把握しているとも取れる発言をしており、艦豚の凶悪性は業界に広く知れ渡っていることを伺わせる。<br/>さらに翌年はブラサジの生放送でもMCに起用され<s>武器の販路を3タイトルに拡大し</s>たが、それ以前から同じくBilibili運営の<s>イチソが追放の憂き目を見たことでたまに話題となる</s>ファイナルギアでも生放送の司会を務めている。


本人の名誉のために付言すると、ちょいちょい艦これの話題も出したり艦これ運営垢をフォローしていたりで<s>[[Z級クソアニメ]]はともかく</s>別に根っからの艦これアンチだとは考えにくく、一方的に艦豚がムガっているだけとも考えられる。<s>呼ぼうにもヨサンガ…</s>
本人の名誉のために付言すると、ちょいちょい艦これの話題も出したり艦これ運営垢をフォローしていたりで<s>[[Z級クソアニメ]]はともかく</s>別に根っからの艦これアンチだとは考えにくく、一方的に艦豚がムガっているだけとも考えられる。<s>呼ぼうにもヨサンガ…</s>


==脚注==
==脚注・出典==
===注釈===
<references />
<references group="注釈"/>
 
{{DEFAULTSORT:しゅつえんしゃいがいのせいゆうなど}}
[[Category:艦これの声優]]
[[Category:他作品との比較]]
1,315

回編集

案内メニュー