「いつでもどこでもしたいよぅ!」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
279行目: 279行目:
   
   
  便所スレはまだ決して終わっていない、と。
  便所スレはまだ決して終わっていない、と。
==古文Ver==
<pre>
今朝、満員電車に目の前に居しがの口より
「ときじくいづこにもタナイチしたいよぅ!!」とて声きこえ出だしけり。
傑物同性なりし我はすぐさまその状況を心得き。心得にけり。
目の前のやつは「人生終はりし(諦め)」のごとき絶望に満ちしけしきせり。
同士を見捨つるよしにはいかず。何とかして救はねばならぬと思ひし我は
「ときじくいづこにもタナイチしたいよぅぅ!!!」と大声にののしりき。
恥をかくのは我一人よし。同じイベスレ民の心を犠牲にするよしにはいかず。
さ思へり。
されど。
「ときじくいづこにもタナイチしたいよぅ!!」「ときじくいづこにもタナイチしたいよぅ!!」「ときじくいづこにもタナイチしたいよぅ!!」
我の隣の給料生活者が。我の後ろに居し学生が。我の斜め上なりし土方の爺が。
「「「「「ときじくいづこにもタナイチしたいよぅ!!」」」」」
電車の中の皆が。車掌含め例外なく電車に居し皆が我に続くやうに一斉にののしりそめき。
さ。この電車に居し皆が同性なりけり。
心ばせの心、庇ひ合ふ心、助け合ふ心。
一人の同士を守るために皆が一つになりき。タナイチが一人の青年の人生を救ひけり。
皆の目輝けり。皆の目澄み切れり。皆の目がタナイチを思ふ野獣のそれなりき。
我は感激のさほどその場に泣き崩れにけり。世間なりし同性も我と同じく泣きじゃくれり。
されど、皆が我ども二人暖かく見守れり。
さる心ばせに溢れし艦これ出来事スレの包容力をその身にこはく実感せる我は確信せり。
イベスレは未だゆめゆめ終はりたらぬ、と。
</pre>
==脚注・出典==
<references />


{{DEFAULTSORT:いつでもどこでもしたいよぅ}}
{{DEFAULTSORT:いつでもどこでもしたいよぅ}}
[[Category:艦これオンリースレ]]
[[Category:艦これオンリースレ]]
[[Category:ネタ]]
[[Category:ネタ]]
1,016

回編集

案内メニュー