第1話「出撃の日」

提供:kancolleguti2ch
ナビゲーションに移動 検索に移動

ZZ(クソアニメ2期) > ZZ(クソアニメ2期)本放送編 > 第1話「出撃の日」


第1話 - 第2話 - 第3話 - 第4話 - 第5話 - 第6話 - 第7話 - 最終話
(放送開始) 第1話「出撃の日」
2022/11/04
第2話「海峡へ」
2022/11/11

放送データ

  • 2022年11月4日 0:30~(3日深夜24:30~)放送
あらすじ
深海棲艦と戦う力、「艦娘」。緒戦は圧倒的だったその艦隊も、敵に物量に徐々に圧倒され、戦局は大きく傾いていく。そんな中、白露型駆逐艦「時雨」も所属部隊が改編され、決戦戦力の一部、第一遊撃隊部隊第三部隊(1YB3H)に配属される。その艦隊の任務、そして彼女たちの向かう先に待ち受けるものとは――。
ニコニコ生放送アンケート
話数 視聴者数 コメント タイムシフト 1 2 3 4 5
第1話 21,008人 20,815 10,041人 64.2% 19.0% 8.5% 3.4% 5.0%
赤色は全話を通した最高値)

スタッフ

エンディングに掲載されたスタッフロール。

第1話エンディング
CAST
時雨・白露
タニベユミ
山城・扶桑
藤田 咲
最上
洲崎綾
朝雲・山雲
堀江由衣
満潮
宮川若菜
龍鳳
小倉 唯
阿武隈
野水伊織
足柄・那智
種田梨沙
早坂 梢
浜風
小松真奈
ナレーション
東山奈央
脚本
田中謙介
絵コンテ
三浦和也
演出
槙 麻里奈
総作画監督
能海知佳
作画監督
鮎川慎平
栗原学
鈴木政彦
能海知佳
エフェクト作画監督
小澤和則
艤装アニメーションデザイン
原田吉朗
河北 岳
深海棲艦アニメーションデザイン
上津康義
アニメーション協力
Raging Bull
原画
小澤和則 他15名
第2原画
10名
ぎふとアニメーション
3D艤装アニメーター
3名
動画検査
2名
動画仕上
9名
倉敷スタジオ
4名
札幌スタジオ
2名
動画管理
1名
色指定・検査
1名
仕上
1名
美術
渡邊聡
GIANTY
背景管理
2名
3Dプロデューサー
飯島 哲

(モデリングディレクターなどは略)

2Dデザイン
北島雅代

(編集スタジオなどは略)

録音調整
徳久智成
録音助手
2名
音響制作担当
2名
音響制作
グロービジョン
エンディングテーマ「未来」
Artist
C2機関“1MYB”
作詞
minatoku
作曲
Kaori Ohkoshi
編曲
矢野達也
小高光太郎
レコーディング製作協力
武氏喜継

(OP・EDアニメーションスタッフは略)

タイトルロゴ
C2機関/しばふ
製作デザイン協力
しばふ
コニシ
星灯り
玖条イチソ
設定協力
C2機関
宣伝プロデューサー
瀧澤圭一
宣伝
成田幸弘
齋藤恭子
高野賢一[1]
マーケティングサポート
C2機関
公式サイト
https://kancolle-itsuumi.com/
ホームページ制作
マベリカ
PV制作
2名
協力
2名
ライセンス
久木元史明
角川アーキテクチャ
配信ライセンス
3名
国内セールス
3名
海外セールス[2]
2名
パッケージ
永井実穂子
営業・マネージメント協力
2名
オリジナルデザイン
「艦これ」運営鎮守府(C2プレパラート)
「艦これ」公式イラストレーター陣
製作協力
安藝貴範(グッドスマイルカンパニー) ※(株)グッドスマイルカンパニー代表取締役社長
中島保裕(グッドスマイルカンパニー)
鶴田直一(DMM.com) ※(同)DMM.com執行役員コンテンツクリエイティブ本部本部長
山田 昇(DMM.com) ※(同)DMM.comアニメーション(DMM Pictures)事業部長
吉岡宏起(ENGI) ※(株)ENGI代表取締役社長
制作デスク/設定制作
三浦孝純
制作進行
村田のん
製作サポート部
9名
製作協力
7名
アニメーション制作
ENGI
製作
C2機関/KADOKAWA/「艦これ」第二水雷戦隊
  • 第1話の放送により、これまで「商標使用の黙認以外は関与していないのではないか」と言う説が取り沙汰されていたEXNOAの製作委員会参加が確認された。その反面、これまでENGI元請作品に例外無く出資していたサミーが初めて出資および製作委員会への参加を見送ったことも判明し、1クール分の予算が確保できなかった事情が垣間見える。

この回の概要

2022年秋アニメの中でニコニコ生放送の配信対象となったのは全28タイトルであり、ZZはその中で最後の出走となった。
初回(第1話)のスコア基準では28タイトル中16位となり、今期のアニメではBクラス確定の順位である。
2022年秋アニメは「10年に1度の激烈な覇権争い」とも言われているが、それに参加するなど夢のまた夢としか言いようが無い厳しい現実を前に、信者は「【にっくきよーすたー】のアークナイツ(初回スコア28作中18位)には勝った」「2019秋の【にっくきあぢゅれん】初回(59.6%)・最高(2話:60.3%)を1話で早くも上回った」と溜飲を下げるのがやっとであった。

問題点

  • 突如ナレーションの脳内に溢れ出す【存在しない世界観】
  • キャラ相関 or 戦っている理由の説明を放棄(そんなものはない)
  • 「これは今より少し昔、あるいは少し先の話」というナレーションにより英題の“1944”の意義が消滅
  • 初っ端からギスギスで厭戦ムード全開な自軍
  • 長時間の無言シーン&口パク無音声を連発
  • キャラの顔を無意味に隠すことでコストカットも万全
  • 安定した時雨の棒読みTNB演技
  • 射線上に龍鳳がいるのに対空機銃をぶっ放す時雨
    • そもそも時雨の機銃は、艤装を展開しないと真上~後方にしか撃てない構造になっている上に展開後は艤装の構造体が邪魔で死角が凄まじかったり、何故か斜め上に向けているのに真正面へ射撃・砲身の無い空中から弾が出る何も無い地点に弾が出現するなど重篤な欠陥とバグを抱えている[3]
    • なお、このシーンと位置関係・距離が大体同じである直前のシーンにて、龍鳳が背負った艤装から対空機銃を水平射撃しているのだが、こちらも敵機どころかより被弾面積の多い時雨にすら一切当たっていない欠陥兵器である。
  • 軍属(しかも戦時中)なのに遅刻常習犯の時雨
  • 山城連呼でクソレズ化する扶桑
  • 仲間相手にヒスりまくる上に謝罪もせずに不幸を嘆く山城
  • セリフぶつ切り演技のせいでロボ化する山城
  • 時雨に主砲の砲口を向けたまま会話する山城
  • 突然「故郷」を熱唱し始める朝雲。出撃直前にも関わらず厭戦を煽りかねない唄を歌う兵士とそれを咎める事もしない上官という、士気の低さが窺い知れる構図が展開する。
  • 唐突に山城から最上に手渡される日向の瑞雲(妖精さん入り)
  • 理由も明かされないまま大破して【退役】した白露
  • 扶桑型2体が艦これ原作要素を排除した上で史実とも齟齬がある艤装を搭載している[4]
  • シルエット化(しかも遠近感が滅茶苦茶)する栗田艦隊の方々
  • 【謎の】力の入った蜜柑の皮剥き描写
  • アクション映画のモブの射撃並みに当たらない時雨の砲撃
  • 晴れた空に手をかざして時雨「止まない雨はない」←降ってねえよ
  • 作中の雰囲気にまるで合ってない上に連呼される【1YB3H】
  • 必要性のない抜錨シーンからのシュールな直立水上スキー
  • 純度100%のminatoku歌詞で構成されたOP・ED。雰囲気が合わなさすぎてOPとEDが逆だという指摘多数

脚注

  1. コンプティーク副編集長の「T子」。
  2. 北米やヨーロッパ・オセアニアではCrunchyroll、東南アジアではAniPlusで配信。Bilibiliでの公式配信は中国政府の許可が降りないため一切行っていない。
  3. (参考画像1)(画像2)
  4. 航空戦艦化はそもそも扶桑型に対しては計画すらもないイフッ改装なのでこれを飛ばしても「史実に沿った」が成り立つ話なのだが【艦これ原作要素を排除している】事になる。また、三連装主砲の搭載も史実においてはペーパープランで終わったものであり【史実と齟齬がある】。
    ちなみに、くそげ原作とZZ級との各艤装の構成を比較すると、無印:上下共に二連装2門・改:上が手持ちの飛行甲板+二連装1門で下が二連装2門・改二:上が手持ちの飛行甲板+三連装2門で下が二連装2門、ZZ級:上が三連装2門で下が二連装2門。艦これ的に言うならそれぞれ一一型・二一型・二二型・一二型といった所か。